お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『トリニティ・ブラッド』第5話 | トップページ | トッティ、ローマとの契約延長 »

2005.05.29

<グイン・サーガ>99~101

99、100巻とイシュトヴァーンに心が痛みました。
人を信じられない病、心の闇がこれほどのものなのかと、それでも無意識にグインだけは信じられる、信じたいと思っている彼の姿が哀れでなりませんでした。改めてどうしてここまできてしまったのかという思いが。陽気な彼は結構好きだったのだけど。

100、101巻ではグインがルードの森で窮地に陥ってあわやという時に、それを救う一条の光になったのがマリウスの歌だという場面が印象的でした。
マリウスが好きなもので“やった!”という思いでした。ケイロニア、パロ両陣営から散々どうしようもない困った奴扱いされてきたから“ざまあみろ”と思いました(笑)やはり只者じゃないんだよ。
そして、ヴァレリウスがマリウスのことを理解してくれて本当に嬉しかった。ヴァレさん、ありがとう。グインを奪還したらノスフェラスへ行きたいと思ってるようですが、よかったらマリウスも一緒に連れて行きませんか。もっと交流を深めていただきたい。ナリスさまの思い出話などどうでしょうか。いや、それはまだ辛いかな。

グインとスカールの出会いで「会」は起こったのか、まだなのか。これが起こるとどうなるのでしょうか。
しかし、ゴーラ軍に追いつかれて戦闘になったときの、グインの行動は凄かったです。イシュトを殺したくはないし、スカールを殺させたくもない。イシュトの性格を読み、一騎打ちにもちこみ圧倒したうえで、急所をはずし深手を負わせ撤退させるとは。お見事でした。

グイン・サーガは劇場用アニメ化されるということですが、この長大な作品のどこをどんな風に描くのだろうか。大変だろうけど良い物を作ってほしいですね。

« 『トリニティ・ブラッド』第5話 | トップページ | トッティ、ローマとの契約延長 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101919/4325150

この記事へのトラックバック一覧です: <グイン・サーガ>99~101:

« 『トリニティ・ブラッド』第5話 | トップページ | トッティ、ローマとの契約延長 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon