お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『交響詩篇エウレカセブン』#11 | トップページ | 『今日からマ王!』#53 »

2005.06.27

映画『ヴァン・ヘルシング』

19世紀、ヨーロッパ。ヴァチカンの命を受け、モンスター退治を続けるヴァン・ヘルシング。彼には昔の記憶がない。
ドラキュラと戦い続けてきた一族の末裔兄妹を助けるためトランシルバニアへ向かう。

兄ヴェルカンは狼男になってしまい、役に立たない。妹アナも最初はヴァン・ヘルシングを警戒している。ヴァン・ヘルシングは狼男と闘っている時に噛まれ、自らも変身してしまうことに。
ドラキュラはヴァン・ヘルシングを「ガブリエル」と呼び、二人には因縁があると言う。以前、彼を殺したのがヴァン・ヘルシングだったというのだ。
完全に変身するまで2日間あるのでその間にドラキュラを打とうとする。するとドラキュラの天敵が狼男だとわかり、自らが変身して戦いドラキュラを倒す。
だが、ヴァン・ヘルシングは狼男を人間に戻す解毒剤を取ってきたアナに襲い掛かり、身体は元に戻るものの彼女は死んでしまう。

アナが生き返らず、ちゃんと死んでいたのはなかなかよかったです。安易にほんとは生きてましたとかになってなくて^^;

ヴァン・ヘルシングとドラキュラの因縁というのは結局よくわからないまま終わってしまいました(笑)

ドラキュラのキャラがちょっと弱かったですね。ヴァン・ヘルシングとの間に腐女子的な萌えがもっとあるかと思ってたのになかったのもちょっと残念でした^^;

何と言っても、ヴァン・ヘルシング役のヒュー・ジャックマンのカッコよさがあまり生かされてなかったのが一番残念なところです。舞踏会や疾走する馬車上でのアクションシーンはカッコよかったし、アナを火葬にするシーンの彼は美しかったですけどね。

字幕翻訳で狼男が「ウルフマン」とおマヌケな訳になっていました。時代背景にも合わないし、興醒めです。英語のセリフではちゃんとwerewolf(=狼男)と言ってるのに・・・。なぜ「狼男」じゃダメなんでしょう。

« 『交響詩篇エウレカセブン』#11 | トップページ | 『今日からマ王!』#53 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101919/4730907

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ヴァン・ヘルシング』:

» ヴァン・ヘルシング [AML Amazon Link]
ヴァン・ヘルシング [続きを読む]

« 『交響詩篇エウレカセブン』#11 | トップページ | 『今日からマ王!』#53 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon