お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『交響詩篇エウレカセブン』#12 | トップページ | 『トリニティ・ブラッド』第10話 »

2005.07.08

ロンドンでのテロ

7日の同時爆破テロ、驚きました。
航空機へのテロ対策はできても、鉄道やバスは難しいのでしょう。テロは起こるときには起こるのだから対策の仕様がないとは思いますが。

日本でこういうテロが起きたらどうなるだろう。テロ対策なんてほとんどされてないから。また日本人は無防備だし、のほほんと暮らしてますから。こういう事件が起こった時だけ、形式的に警戒してもどうにもならないと思います。もちろんやった方がいいに決まってるのですが。

それにしても鉄道各社の対策。ゴミ箱を調査するとか撤去するとか。まあ、それも必要とは思うけど、それを対策と言われてもなあ・・・。

もっと国家レベルで専門的なテロ対策とかできないのだろうか。
このままアメリカにしっぽ振ってばかりの国でいるつもりなら必要でしょう。

« 『交響詩篇エウレカセブン』#12 | トップページ | 『トリニティ・ブラッド』第10話 »

コメント

koyさん、こんにちは。

本当に怖い世の中になったものです。
日本には本格的なテロリストはいない、と何かの番組でコメンテーターが言ってましたが、日本では模倣犯、愉快犯が出てきそうで怖いですね。

>保安員を導入して警備を強化する
バスは無理でも鉄道はできそうな気もしますが。制服の保安員か警察官が車内に一人でもいれば、テロ対策のみならず車内犯罪も防げて良いのではないでしょうか。

こんにちは、
日本はテロに対しては正直、これと言った対策がないのが現実でしょう。
鉄道に限って対策を考えるならば、改札に金属探知機などが必要で、現状では様々な理由から実現は無理でしょうね。
アルカイダに限らず、困ったことにこういうことを起こそうとする人間は日本人の中にもいたりすると思います。
テロの手段を考えたとき、爆弾に限らず、ロケット砲なんか打ち込まれたらどうしようもないでしょうね。
なので、逆に神経質になりすぎても仕方のないところのほうが多かったりもします。
そうは言いましても、いつ我が身が巻き込まれるか、恐い世の中になったものです。
気休めかも知れませんが、せめて保安員を導入して警備を強化するくらいはやって欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101919/4879456

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンでのテロ:

« 『交響詩篇エウレカセブン』#12 | トップページ | 『トリニティ・ブラッド』第10話 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon