お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『禁涙境事件』(上遠野浩平・著)感想 | トップページ | 『交響詩篇エウレカセブン』#16 »

2005.07.31

『絶対少年』#11

歩はわっくんとの最初の約束を思い出した。頭屋の森ではなく山の上の方で遊ぶ約束をするが、歩はその翌日突然帰ってしまう。
わっくんはその後ずっと待ってたんですね・・・。人間と精霊では時間の感覚は違うだろうけど、10年くらいなのかな、やはり長かったんだろうなあ。「待ってるのヤだし」ってわっくんの言葉がしみじみ感じられます。
わっくんと最初に出会った小さい頃の歩は、今とは違って天真爛漫でかわいいです。
歩がわっくんの着物姿を変な格好と言ったから、わっくんは歩と同じ格好を真似たのかあ。

拓馬がやっと潮音につき合えないとはっきりさせました。煮え切らない奴でしたが、潮音以外の人に対してはそうでもないのにね。

歩はわっくんを誘ってお祭りを見に行くが、亮介もやはりわっくんの姿は透明な形に見えてるだけ。金魚すくいをしているときに、わっくんが何かを感じとる。山の方で砂防ダムが崩れたということだった。
時を同じくして、オカカ婆ぁをはじめ、猫たちが大挙して一方向へ走っていく。現実にあったら凄いだろうなと猫好きは思うのでした^^

わっくんが「山泣いてるし、泣きそうだし」と言い、ここはよくないと言う。タイトルの“泣き出しそうな”という意味はこれだったんですね。
歩むがお祭りの場所から人々を去らせるように頼めないかと言うと、「あむが一緒に来てくれるなら」と答えるわっくん。う~ん、そんなふうに言われるともう嫌だとは言えないでしょう。「それもいいかもしれない」と歩。
次回どうなるのかとても気になります。

« 『禁涙境事件』(上遠野浩平・著)感想 | トップページ | 『交響詩篇エウレカセブン』#16 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101919/5242419

この記事へのトラックバック一覧です: 『絶対少年』#11:

» 絶対少年 第11話 [パズライズ日記]
絶対少年田菜編も来週で終わり。 今回は最後にして最大の事件が起こりそうなところで終わりとなりました。 歩はわっくんとの最初の約束を思い出していました。 わっくんの服装が「変」だということでわっくんは次に会うときには歩むと同じ服装で、ということでポンチ... [続きを読む]

» 絶対少年 第11話 [パリポリ噺]
「泣き出しそうな田菜へ走れ」 このサブタイトルを見たときは、わっくんとサヨナラし [続きを読む]

» 絶対少年/泣き出しそうな田菜へ走れ [根の国夜話]
一度目の約束を思い出した歩。 わっくんとおなじ「ごめんなさい」がほのぼのしてまし [続きを読む]

» 絶対少年 第11話 [Green Onion]
・「泣き出しそうな田菜へ走れ」 かなり核心に迫ってきているのに、相変わらず淡々とした雰囲気は変わらない。 ホント、不思議なアニメだ。 わっくんとの最初の約束を思い出した歩。 それからずっと待っていたわっくんは、もう歩と離れたくない、一緒に行こうと言う。 そ..... [続きを読む]

« 『禁涙境事件』(上遠野浩平・著)感想 | トップページ | 『交響詩篇エウレカセブン』#16 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon