お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『絶対少年』#13 | トップページ | 『プラチナ・ビーズ』漫画化 »

2005.08.21

『交響詩篇エウレカセブン』#18

発掘屋の老人ブリタニに出て行けと言われたゲッコーステイト。だが、修理がいつまでかかるかわからないので、仲良くしておいた方が良いということで、なぜかレントンにお鉢がまわってくる。でも、レントンは自ら彼と交流を持とうとする。じっちゃんの面影があるからかな。

ブリタニはレントンの祖父の名を知っていた。サーストンと聞いて、アドロックではなく祖父の名を挙げられて喜ぶレントン。じっちゃんもメカニックとして凄い人だったんですね。それにしても、じっちゃんの名前、アクセルというのね。かっこよすぎるーー^^:

エウレカはまだ調子を崩している。ニルヴァーシュと離れるのは、生まれて初めてだと言われていますが、どういう出自なのでしょうか。いろいろ想像させられます。

ブリタニはニルヴァーシュを見て、これを自分の発掘の成果にしようと、レントンに銃をつきつけ操縦させて持ち出してしまう。レントンにしたら、裏切られた気持ちだろうな。

ニルヴァーシュを取り戻した後、レントンはホランドに殴られたりもするが、そのことよりもブリタニのことを考える。そして、今の自分の現状、アミタドライブとそれを守らなければならないこと等いろいろと考え、悩む。
そこへエウレカがやって来る。今はニルヴァーシュはレントンが動かすべきだと思うと言うのだが、レントンは自分の物思いにかまけて、一人にしてくれ、とエウレカを拒絶する。
閉ざされたドアを蹴るエウレカ。普通だったら蹴りを入れるなんてしなさそうなエウレカの気持ちがよく表れてました。
今回は、最後のレントンの気持ちのままに、「つづく」がなかったですね。あれは毎回いろんなニュアンスがあって好きなんですよ。

次回予告のエウレカが~~~(@_@)
うえ~、溶けかかってるのか!?あれは現実?どうなるのだろう。
目が離せません!

« 『絶対少年』#13 | トップページ | 『プラチナ・ビーズ』漫画化 »

コメント

koyさん、こんにちは。

じいさん、息子に見せると言ってましたが、レントンが自分が息子だったらそんなの嬉しくないという言葉が正解だと思いました。発掘を諦めて盗むなんてやってほしくないですよ。
エウレカの蹴りはちょっと驚きでした^^;

では。

夢を追い続ける老人、しかしどうにもならない現実がそこにある。
嘘をついてまでも目的を達成させようとすること。
長い年月が信念をも歪めてしまうのか?
レントンへこんでましたね・・・。
きっと、エウレカに蹴られた扉もへこんでます。(^◇^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101919/5567482

この記事へのトラックバック一覧です: 『交響詩篇エウレカセブン』#18:

» 交響詩篇エウレカセブン 第18話[暗闇よりも深い] [キミヲカガク BLOG そこに一切科学は存在しない]
第18話<イルコミュニケ-ション>大人に叱られる=レントンという固定的な図式を覆す様に、<ゲッコーステイト>のメンバーが大人含めてほぼ出揃った廃墟ビルの1室で、ひとりの老人にがなり散らされていた。<月光号>の改修作業を行なうために停泊したままの軍施設の跡地で出会った、ブリタニという名のいかにも頑固そうな白髪の爺さん。元は<LFO>と呼ばれる人の形を模した機械兵器の発掘現場だったこの場所も、岩と、掘削機械があちらこちらに投げ捨てられているのが現状である。そんな場所を今だに彷徨っていると聞けば...... [続きを読む]

» 交響詩篇エウレカセブン #18 [日々の記録]
レントンが発掘屋のブリタニというおじいさんと出会うお話でした。 リフレクション・ [続きを読む]

» 交響詩篇エウレカセブン#18「イル・コミュニケーション」 [制限時間の残量観察]
二週間ぶりのエウレカだよ!久々の心の癒しだよ!!えーと、話の内容は皆さんがやってくれると思うので、疑問と感想をば。冒頭から、リフレクション・フィルムの修復作業。前々回でホランドが「こんな所にずっといたら発狂しちまう」との言葉から、防護服を着ての作業ですね。修復作業... [続きを読む]

» エウレカセブン18話感想 改訂版 [月の砂漠のあしあと]
 交響詩篇エウレカセブン 2  フィルターを作ったら今度は当然、貼る作業があるわけで、今日も今日とて、修理の日々のゲッコーステイト。食料事情も日々切迫☆やはり第五次健康ブームの経済的影響はびっぐなようです(笑)  こういうことが、いい加減もう何日も続いて....... [続きを読む]

« 『絶対少年』#13 | トップページ | 『プラチナ・ビーズ』漫画化 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon