お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『サムライチャンプルー』第2話 | トップページ | 『BLOOD+』第3話 »

2005.10.22

『絶対少年』#22

「消えたものと生まれるもの」

今回もストーリー的に展開は少なく、キャラクターの内面的な変化中心に描かれていました。

マッキーは須河原に自分の考えを語り、関わったことから「逃げたくない」のだと言います。「逃げたらきっと後悔すると思う」と。しっかり向き合おうという前向きな態度です。でも、いきなりそこまで悟ったというのは早すぎな気がしないでもない^^;

理絵子は学校をサボって羽鳥の元を訪れる。なぜ光が見えたのかと聞く理絵子に「選んだのかもしれない」という羽鳥。羽鳥は理絵子の絵を描きながら「人は結局自分の見たいものを見るんだよ」と言います。つまり理絵子が光を見たのは彼女が選んで見たのだというのですね。羽鳥が描いた理絵子の絵はやさしく輝いているようで、理絵子の変化を表しているんでしょう。

歩に亮介から電話があり、オカカ婆が夢枕に立って歩を頼むと言われたと話す。歩は平五郎さんに言われた「全てのことには意味がある。全ては必要なプロセスだ」という言葉を思い出す。歩も何か吹っ切れたようで、これから行動を起こしそうな予感がします。

理絵子は成基に直接会いに行って、希紗のことを尋ね、希紗のために成基だけができることを考えてと言う。成基は理絵子のそんな態度にかなり戸惑ってる感じで描かれてましたが、残念ながら理絵子が今までとそんなに変わってるとは私には感じられませんでした。

理絵子はマッキーとのこともはっきりさせます。振られたマッキーの態度はなかなかのものでした。「今のマッキー、少しだけいい感じだよ」ほんとそうですね。

ラストで、希紗が抱いて寝ていた自作の魚が、あの頭のない白い鳥のようなものに変わっていたということなのかな。「ブンちゃんじゃない」と言ってましたが。
そして外にはあの円盤状のものがはっきりと実体化して見えていました。あれは一体何なんでしょうね。羽鳥の人は見たいものを見るという言葉もありますし・・・。

« 『サムライチャンプルー』第2話 | トップページ | 『BLOOD+』第3話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101919/6514868

この記事へのトラックバック一覧です: 『絶対少年』#22:

» 絶対少年 第22話 [パズライズ日記]
横浜編第10回。 相変わらず横浜編新キャラの人間関係をめぐる話が主軸になっていますが、正樹に続いて理絵子にも動きあり。 一方最近停滞気味のマテリアルフェアリー絡みの話も本当に解決するのか疑問だったのですが、ラストでようやく進み始めました。 理絵子は前回....... [続きを読む]

» 絶対少年第22話「それでも解釈するしかないこと」 [蜂列車待機所日記]
OPからみてあの魚がそのまま動くんだろうと考えていたら、何ですかあの「羽根卵」は(:さすが伊藤和典、絶妙のハズシ加減ですな。世界は私たちの都合なんかまったくお構いなしに進んでいきます。「驚き」のよいところは、自分の個人的な思い入れとか悩みを、より大きなレ..... [続きを読む]

» 絶対少年 第22話 [鷹2号の観察日記]
 放置プレーに飽きた「羽の生えた魚」(ブンちゃん?)、自己アピールの末に先週やっ [続きを読む]

» 絶対少年 第22話 [Green Onion]
・「消えたものと生まれるもの」 ブンちゃん消失事件以来、鬱な展開が続いていたけれども、ようやく前向きに動き出し始めた。 そのキーパーソンは理絵子でしたね。 前回のラストで「もう私、(良い子でいることを)やめた」って、半ば逆切れ気味で宣言した時には、まだしば..... [続きを読む]

» 絶対少年 #22 [日々の記録]
何かが少しずつ良い方向へ変化してゆく。そんな感じのお話でした。 希紗は、相変わら [続きを読む]

» 『絶対少年』第22話「消えたものと生まれるもの」 [せーこののんべんだらり]
今回も理絵子が、動いてくれました。しかもいい感じに。 前回の「やめた」発言は、こ [続きを読む]

« 『サムライチャンプルー』第2話 | トップページ | 『BLOOD+』第3話 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon