お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『七夕の夜』 よしながふみ | トップページ | 『交響詩篇エウレカセブン』#24 »

2005.10.01

『絶対少年』#19

「翼の生えた魚」

前回ラストから気になっていた希紗ですが、自室の壁に後頭部を何度もぶつけながら、「どうしてよ」、「最悪」、「バカ」と言っていました。怒りのせいか、いつもより声がしっかりでていましたね。そして鳴り出した携帯をバキッと壊す!怒りに暴力的な方にいってしまう子だったのか。ちょっと意外でした。

壁にシュールな絵を描いた人を探したいという女性。見たことあるようなと思ってたら、はなさんのところでの話で田菜の名が出てきて、ああ、と思い出しました。田菜のお店の麻子さんだったのですね。その絵を描いたのが昔つきあってた人で、なんとあのホームレス風の男だったと、はぁ。麻子をこの画家羽鳥次郎のもとへ導くのがサブタイトルの「翼の生えた魚」でした。この二人の会話は大人の話でしたねー。次郎さんて髪も髭も伸び放題だからもっとおじさんかと思ってたけど、意外と若そう。マテリアルフェアリーにどう関わってくるのでしょう。

須河原はマッキーから理絵子の事を聞き、理絵子に会いにいく。最初はもうどうでもいいと言っていた理絵子はやはり成基のことが気にかかってる様子。だが、須河原が先日の出来事を話すと気持ちが変わったよう。その後理絵子は成基に自分も二種類の光が戦ってるのを見たと言って、会って話そうと誘う。これは成基に会って話がしたいがために、光のことをダシに使った感が強いですね。一旦は承諾した成基に後で断られたときはさすがにちょっとかわいそうだったけど。

須河原は美紀を経由して歩と連絡を取ることに成功。歩もどっしるとしっしんが呼んでも姿を現さないことに心配してるよう。でも、須河原から一緒にやらないかと誘われて困り顔の歩。
さて、次回はどうなるのでしょう。

今回はゲストのマッキー役の甲斐田ゆきさんのお話がおもしろかったです。
監督からの指示が「張らない」「抑揚つけない」「演技しすぎない」で、すごく難しくて大変らしい。以前希紗役の小林晃子さんもそう言われてましたね。
マッキーのことを「不憫だけど自業自得」(爆) 
「いーっとなる」だそうです。私も全く同感です(笑) 
でも司会の吉田さんは「男心としてはがんばってくれよ~」と応援すると言ってましたね。そうか、男の人はそう思うんだ~。
この後も女性には生理的に理解できない言動があるということで、監督に聞いたら「男の子ってそういうものでしょ」とおっしゃったそうな。これからも、あ~、いらいら、とか思うことが多いマッキーになりそうです(笑)

« 『七夕の夜』 よしながふみ | トップページ | 『交響詩篇エウレカセブン』#24 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101919/6200942

この記事へのトラックバック一覧です: 『絶対少年』#19:

» 絶対少年 第19話 [パズライズ日記]
横浜編第7回。 前回ラストでブンちゃんが破壊されるというよもやの急展開でどうなることかと思ったのですが、一転して静かな一話でした。 希紗は自室にこもりきり。 ほとんど唯一の支えとなっていたブンちゃんが破壊されてしまって、もうほとんど壊れそうになっていま....... [続きを読む]

» 絶対少年第19話「見えるものがすべてではないこと」 [蜂列車待機所日記]
希紗は確かに他の人には見えないものが見えている。でも、希紗が見ているものもまた、すべてではない可能性に希紗は気付いているでしょうか?須河原たちがこれだけ「敵対」「敵対」と騒いでいるところをみると、「敵対」は間違いである可能性が強い。「ぶんちゃん」は希紗の..... [続きを読む]

» 『絶対少年』第19話 [白猫宮]
 なんといっても前回がああだったから、今回はどうなるものかとやきもきしてましたが。前回のフォローをしっかりしつつ、かつての恋人たちの現在を語るという、またしても予想の斜め上を行く展開でしたね。  ストーリーの流れにそって語ろうとすると長くなるような気がするので、以前のようにキャラクターごとの感想を書くことにします。■希紗:まったくもって完全に予想外。こういうキャラだったのか! 扉に後頭部を繰り返しぶつけながら毒づき、携帯をぶち折り、鼻をかむヒロイン! すばらしい! まさにシュール(笑)。いいな... [続きを読む]

» 絶対少年 19話感想 [キラキラと輝くモノ(仮)]
 「翼の生えた魚」  すっげー和やかに始まったーー!? Σ(゜Д゜;)   前回のラストの印象が強すぎて今回は、相当、暗い話になるのかと思ってたんだけど全体的に、いつもの「絶対少年」らしく進行。うーん、マイペース。 >麻子さん横浜へ  シュールの意味は、....... [続きを読む]

« 『七夕の夜』 よしながふみ | トップページ | 『交響詩篇エウレカセブン』#24 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon