お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.29

BL学園放送部『ベル☆ラジ』第5回

学園ヘヴンインターネットラジオ・BL学園放送部『ベル☆ラジ』、今回ゲストが森川智之さんだったので聞いてみました。いつもは聞いてないんだけどね^^;

面白かった~。森川さんの普段のしゃべりも好きなんです^^
ゲストのリクエストのおやつは、なんと!それも神戸牛!!それ、おやつか~(笑)
「三時のおやつは肉なんで」とかます森川さん。実は本物が来るとは思ってなかったんだって。付けあわせまでついてる本格的なステーキだなんてすごいですね。
パーソナリティ・福山潤さんはおやつを賭けた勝負に4連敗中。今回はじゅんじゅんが勝つよ、俺弱いからという優しい森川さん。以前のお肉話も面白かった。ほんとに勝負に弱いんですね、森川さん^^;

森川さんへの10の質問のうち、人生で最大の危なかった出来事が首の骨を折ったというのは本当に危なかったですね^^;以前にも聞いた事はあったけど無事でほんとによかったですよ。じゅんじゅんも頚椎がずれてて、森川さんに鍼の先生紹介してもらったんですって。
私も首弱いんで紹介してほしいなあ。この前は2週間ぐらいずっと首が痛くてどうなったのかと思ったもんな^^;今は治ってるけど。何もしてなくてもビキっと痛みが走ったりするし・・・。

中嶋に言ってほしいキメセリフ。
「俺、Sに見えるけど本当はMなんだよね」
絶対嘘だ~、と突っ込むじゅんじゅん(笑)
「お前は俺にだけ尻尾を振ってればいいんだ」
この二つが気に入りました。笑ったよ。選んだ森川さんも笑いに走ったとのことでした。

エンディングではおやつを賭けての運試し、さいころ勝負。
じゅんじゅんの勝ちーー!言ってた通りになりましたね(笑)真剣に喜ぶじゅんじゅんがおかしい。でも4連敗中でそれも神戸牛ゲットですから喜びもひとしおか。

アニメ『学園ヘヴン』は7月から地上波放送開始なんですね。
だけど福岡では当然のように放送ナシよ(涙)

2006.05.28

『BLOOD+』#33

「信じるチカラ」

ロンドンの地下排水路で翼手を追い詰めるカイ。
一年後にしてはかなり大人っぽくなってます、カイ♪顔が精悍になって身体もがっしりしてきてカッコいい!これまでの経験や悲しみ、心の痛みが少年を大人にしたという感じですね。

デヴィッドは本当は弱い部分を持った人だったのかな。赤い盾を失い生きる気力を失くして酒浸りに。
でもこのやさぐれたデヴィッドが、ステキ~~♪
カイがデヴィッドを叱責するとこなんかちょっと萌えたよ!カイ×デヴィッド、いけそう^^;
あんな腑抜けたデヴィッドの姿は悔しいよね、カイ。ま、以前のデヴィッドに戻るだろうとは思いますけど・・・。
ジョエルはあの怪我で歩けなくなって車椅子生活になっても戦いを諦めてはいない。

コリンズとジュリアはアメリカでアンシェルの元アルジャーノと研究を続けていた模様。翼手に対抗するための遺伝子工学で造った生物学的ロボットを軍に配備。ロンドンに送られるよう。
各国で翼手が出没、明らかに翼手は増えているようですね・・・。
しかし、翼手を増やしてるのはアンシェルたち(?)で、それを倒す生体兵器を開発したのもアンシェルたちとなると、一体どういうことを考えてるのか。アンシェルの言うD計画というのも気になりますね。

カイとルイスが翼手数体に囲まれ、これまでか、と思われた時に、空から降ってきたチェロケース!おおっ、ハジっ!!
気を持たせておいてハジ出てこず^^;
霧の向こうから現れたのは、小夜。雰囲気変わってるみたいですね。

次回予告。
小夜が服を着てるときのハジの手の動きは何!?何度も見たけどよくわからなかった^^;小夜の服のジッパーを上げてるの?いつの間にそんな関係に(笑)

2006.05.27

『彩雲国物語』第8話

「猫の手も借りたい」

新キャラ二人登場で物語が進んでいきそうな展開ですね。今回も面白かったです!

燕青は静蘭の昔の知り合いらしいけど、静蘭は秀麗に昔のことを知られたくないようですね。一体彼らは昔何をしていたのでしょうか。知られちゃまずいようなこと?

戸部尚書・黄奇人。顔を見て奇人だと納得するってどんなの、と思ったら、なんと仮面をかぶってたんですか~!そりゃ奇人だわ(笑)人から奇人変人と言われるので奇人と改名というのも奇人ぶりを如実に物語っていますね。あの黒髪長髪は仮面取れば超絶美形とか(笑)←ありがちすぎ?
それにしても普通に「きじん」を変換して「奇人」と出てくるのは嬉しいですわ(^^ゞ

とんちんかん男・劉輝(笑)あの贈り物の数々。一般的なことがわからないのはさすが王様ってことか^^;わら人形は霄太師にからかわれたんですね、かわいそうに・・・^^;劉輝からの文の裏を子供たちの書き取り用に有効活用する秀麗は相変わらずしっかりしてますね。
クソじじいこと霄太師、壷を大事そうに撫でて話しかけてましたが、中には茶大保の何かが入ってるのでしょうか。死してなおラブラブ?

劉輝の見た夢には笑っちゃった^^ 秀麗が静蘭と結婚するといい二人で劉輝に「じゃあね、義理の弟」「お前も幸せになれよ、実の弟」だって(笑)可笑しかったです~。

劉輝は朝議でいきなり国試に女性を受け入れるよう提案してしまいましたが、それは秀麗のために頑張りたいという思いで焦ってしまったのですね。
絳攸が戸部で秀麗を働かせることにしたのは、奇人が男装の秀麗を女性だと気づくのを見越して、国試に女性を認めさせる一助になればと考えているようですね。

絳攸の方向音痴、炸裂!秀麗の家に行くときもそうだし、
「戸部はいつ引っ越したのだ!」
って、すごいよ、君(笑)

秀麗の「夏は・・・」というのは何なのかな。ちょっと気になります。

2006.05.22

『西の善き魔女』第2、3話

#2「小ヤギたちの行方」

ルーンを連れ去った者たちの黒幕はリイズ公だった。
上半身はだけられて拷問をうけるルーン。仮面で顔を隠したリイズ公が「君は誰のものかその身体に刻み付けてからだ」とルーンの胸に焼印を押させる。この辺りはなんともエロかったですよ。リイズ公の陰謀家のいやらしい感じがよかった。
フィリエルに代わってユーシスがルーンを助け出す。

フィリエルが女王の資格を持つ者だとわかりました。ロウランド伯爵の薦めで女学校に行くことに。

#3「秘密の花園」

もう女学校ですよ。早い!

アデイルお嬢様の正体というか裏の顔は、腐女子の同人作家でした(笑)
ユーシス×ルーンのキスシーンも見れましたね^^
知らずに読んでしまったフィリエルはお気の毒様でしたが^^;

ユーシスはルーンに
「メガネは外した方が可愛いぞ」
「君を見てると余計な世話をやきたくなるんだ」
なんて言ってます。そんなこと言ってると、またまたアデイルの想像の格好の餌食になっちゃいますぞ(笑)

女学校では生徒会長にスパイだとされ村八分にされるフィリエル。
生徒会長役が幸田夏穂さんだ。キャラは何だけど声はカッコいい~。素敵な大人の女性声で好きなんです。

フィリエルを見張っていた生徒が一人死んでしまう。ここでも陰謀が蠢いているのか。

ルーンが女装で女学校にやって来ました!

2006.05.21

『BLOOD+』#32

「ボーイ・ミーツ・ガール」

うそーー!!リクが死んじゃったっ!!!
ここで死ぬとは思ってなかったんでショック・・・。予告でのカイの悲痛な叫びが気にはなってたけど、まさか。攫われるだけだろうと思ってたのに^^;

ディーヴァがリクを追い詰めて迫る。ぎゃ~、ディーヴァおばさんが怖いよ~^^; 「怖がらないで。あなたは私のものになるの」、だから怖いって。
しかし、ディーヴァ、なぜ服を脱ぐ!?
で、何でリクの服を脱がせてんだ!?一体何をしたんだ、おばさん、というか、ばあちゃん(ーー;)
これってリクがディーヴァに喰われちゃったということですかね^^;
「この人からは大切なものをもらったから、私もお返しに血をあげただけ」とお腹の辺りをさすりながら言ってるし。子種をもらったってこと?
もしディーヴァと小夜お互いのシュヴァリエの子種から子どもができたら、その子どもは血が中和されてどちらの血でも死なない最強の翼手になる、とか。そんなことも考えましたがどうでしょうね~・・・。

カールvsハジでは、手のひらから槍状の武器をにょきにょき繰り出してくるカールにまたハジは串刺しにされてました^^;
「脇役が僕の邪魔をしないでくれ!」
おめーも脇役だろ!
と激しく突っ込んだのは言うまでもない(笑)

小夜の言葉でリクのことを知ったハジ、表情変えずに怒ってましたね!ナイフの早業でカールを足止めし回し蹴りをくらわせるハジ、カッコよかったよ。
それにしても、上から物が落ちてきて結晶化したリクを粉々に飛び散らせるなんて、あんまりです・・・。「三人で沖縄へ帰る」という願いがこんな形で早々に夢に終わってしまうとは・・・。カイが哀れでなりません。

ジョエルは船を爆破しディーヴァの棺桶にすると決意。船から脱出する赤い盾の者たち。だが、小夜とハジはディーヴァとカールを討つために船に残る。
小夜の「終わらせる」が気合が入っていてカッコよかった。
爆発する船。

次回。何と今回から一年後に飛ぶんですか。赤い盾は崩壊したが、カイたちは独自に翼手を追ってるよう。
チラッと映ったカイが何か成長してカッコよくなってるんですけど~♪単に髪型が変わっただけかも^^;もっといい男になってくれてることを期待します!

2006.05.20

『彩雲国物語』第7話

「よく泳ぐ者は溺れる」

霄太師って一体何者!? 人間じゃないの?
いろいろびっくりさせられる回でした。

秀麗に珠翠を使って毒を盛らせたのは霄太師だった。劉輝から「お前が認めるに足る王になってみせる」という言葉を引き出したかったわけですか。王のことだけを考え、約束を守るためなら誰を犠牲にしても構わないだなんて。何て人でしょうか。ここまでの展開は全て霄の思惑通りだったのですね・・・。何だか茶太保が可哀想になった。邵可も霄に噛みつく。「いつか絶対殺しに行きます」
王に忠誠を誓い国や国民のためには何もしないという約束は誰としたものかすごく気になります。
霄と茶、二人のシーンで霄が若い姿になってましたね!これが本来の姿なんでしょうか。
「お前を愛していたよ」にはびっくり(^^ゞ 霄に殺されて茶は本望だったのでしょうか。茶と宋は普通の人間なんですよね。

今回は楸瑛が絳攸を慰めるシーンが一番でした♪
自分と似た境遇の香鈴のやった事を悔しがる絳攸。楸瑛が絳攸の手を取る!
「迷子になった君を連れ戻すのは私の役目のようだから」
楸瑛の胸で涙を流す絳攸~~(#^.^#) うわ~~♪ 楸瑛になら弱みも見せ泣くこともできるのね。もっとこの二人のやり取りを見てみたいな~!

絳攸、香鈴、珠翠、そして静蘭、みんな拾われて大切に育てられた人たちだというのも面白い。大切にしてくれた人を思う気持ちはみな同じなのですね。

邵可の勘違いはもっともな気が・・・^^;珠翠の刺繍、確かに獅子に見えます(笑)

秀麗はやはり王宮を去る。
劉輝の「くそじじい」発言に後ろでみんながそれぞれ同意し頷くのが可笑しかった^^
劉輝が最後に「女も好きなんだ」と、秀麗にキスっ! 公衆の面前で、それも家族や近しい人たちの面前じゃないですか~、そりゃ恥ずかしいわなぁ(^^ゞ
「すぐにそなたは戻ってくる」と自身ありげな劉輝でした。

次回、新キャラ登場ですね。またまた楽しみです。

2006.05.18

『かりん』#24(最終回)

「いつもふたりは恥ずかしい」

毎回楽しく見てた『かりん』も終わってしまいました。
最終回なので書いとこうと思います。

果林をまともな吸血鬼にする儀式が湖で始まる。それを止めに向かうウィナー君と雨水健太。だが煉が二人を阻む。ウィナー君と杏樹のおかげで雨水君は湖へ。
ウィナーじじいがママ、パパ、煉、杏樹を次々と倒し、果林は暴走。じいさんに襲い掛かる。そこへ雨水君。
「咬みたいときがあれば、いつでもこの首ぐらい差し出してやるって」
「他の誰でもない、俺を咬めばいい。さあ、俺、お前に咬んで欲しい」
咬まれて初めて「果林」と名で呼ぶ雨水君。抱きしめあう二人。「あったか~い」と正気に戻る果林。自分が変わったのは果林に出会ったからだ、果林が何者でも構わないと宣言する雨水君。
ここ数話は切なかったから、この辺りは二人がまた元の関係、いやもっとお互いの気持ちを確かめあえることになってとても良かったです~。
そんな雨水君を認めんとじいさんが果林に短剣を突き出す。が、服が破れただけで、果林の胸がぽろりん、つか、ぼよよ~ん(笑)鼻血ブーッ、でじいさん倒れる。
家族はみんな死んでなかった。吸血鬼だもんね。みんな丈夫なのだった。
じいさんを懲らしめるのに、みんなで血を吸う。悪いものが全て出ちゃって、じいさんは別人みたいに幸せないい人に。
でもじいさんの血、めちゃ不味かったらしい^^;
果林を吸血鬼にする儀式は実は、“血が増えるのを何とかする”のではなく“乳を増すために何とかする”儀式だったらしい(笑)エルダばあちゃんのためのものだったのですね^^;
その後のみんなの日常も描かれててよかったですね。
“果林”、“健太くん”と呼び合う二人!
「果林が咬んでいいのは俺だけだぞ」「うん、健太くん」だって~。もうこのほのぼのラブラブカップルめ~(#^.^#)
ウィナー君も麻希といい感じじゃないですか。

いや~、よかったなぁ。明るくさわやかな青春ドタバタラブコメディー、楽しい作品でした。

2006.05.16

各国代表決定

W杯各国代表が出揃いましたね。
どの国も悲喜こもごもあったでしょう。

私が気になるところでは、まずドイツ。
ここは順当でしょう。ま、誰を選んでも優勝は無理かな(ファンです^^;)いやいや、最後まで見てみなきゃわからないのがサッカーで、地元開催でもあるし、ひょっとすることもあるかも。2002日韓なんていい例でしょ。あのチームで決勝まで行くとは誰も思わなかったし^^;

次にイタリア。
トッティ入りました。よかったよかった。怪我した時はどうなることかと思ったけど、順調にここまでもってきました。開幕まであと4週間弱、上手く調整して欲しい。ローマからは他にデ・ロッシとペッロッタが入りました。おめでとう。
FW>ピッポちゃん、ボボの分も頑張ってくれ。ま、ツートップはジラルディーノとトーニでしょうけど。
GKにブッフォン入ってます。いいんですかね^^;ユーベの不祥事、大変なことになってますが・・・。

アルゼンチン。
アイマール、入りましたか!ローマからはクフレが選ばれてますね。

これから開幕までにTV観戦の準備を整えねば。ドイツファンとしては地元開催のこの機会にぜひ観に行きたかったけど、仕事を休むわけにいかず体調にも不安があるということでチケットも取らずに断念しました(泣) あと5才若ければ、チケットなしでも行ってたかもしれない(笑)ダフ屋で買ったチケットでもちゃんと入れるのかはわからないけどね^^;

2006.05.14

『BLOOD+』#31

「壊れゆく盾」

「あの子がほしいの」と言うディーヴァ。
あの子ってやはりリクですかっ!

カイを気遣い明るく振舞う小夜。カイは複雑な気持ちでもてあまし気味。
そんなカイを諌めるリクがプリプリしてて可愛かった^^
最後には二人仲直りできてよかったですね。
「みんな終わったら沖縄に帰ろう。三人でな」と言うカイ。
カイは帰れると思うけど、小夜、リクは果たして帰ることが叶うのか疑問だ。

コリンズはアルジャーノ、アンシェルとの会見になんとジュリアまで連れて行く。ジュリアは総帥というのが誰なのかもわからないようだったので、寝返る先がゴールドスミスとはもちろん知らないのですね。ディーヴァがいなくなったとの知らせを受けたアンシェルが会見をキャンセルしたことで、ジュリアは猶予ができ迷いを見せていましたが、さてどちらにつくのでしょう。かなりコリンズ先生ラブでしたからねぇ。ここでデヴィッドが何かジュリアを引き止めるようなことでもしてくれればいいんでしょうが。ルイスにジュリアへのパリ土産はと言われて、「ジュリア?何故だ」何て言うし、ニブチンぶりは相変わらず^^;期待できないですね。

ソロモン!やりましたね。赤い盾本部襲撃の情報をデヴィッドに漏らすとは!
しかし、これがアンシェルにばれたらどうなるんだろう。
いっそのこと、ソロモン、小夜側に来たらどうですか(笑)ま、無理だろうけど。だって赤い盾はどうにも弱いみたいで、とてもディーヴァとシュヴァリエ組には太刀打ちできそうにないから^^;

ネイサンとジェイムズの会話久しぶりでした^^
「あ~ら、私はアドリブ嫌いじゃないわよ。あなたのこともね」
「・・・ふん、遠慮する」
“ふん”の前の間が絶妙でした。それとネイサンの内股が際立ってたなぁ(笑)

ハジの出番少なめでしたがこのセリフは良かった。
「小夜の苦しみは小夜にしか背負えません。だから私にはずっと黙って小夜の側にいることしかできない。変わらずにたとえ何もできなかったとしても」
以前のちょっと不安にさせる発言は何だったのかな。これだとこれからも変わらず側にいてくれそうに取れるんですが・・・。

カールとディーヴァ襲来!
アンシェルたちの計画を無視してフライングです。狙いはリクみたい。

次回、リクはどうなる!?

2006.05.13

『彩雲国物語』第6話

「画竜点睛を欠く」

政をする劉輝に自分の仕事は終わったと後宮を辞するつもりでいる秀麗。
「私の生きる場所はここじゃないもの」
秀麗、淋しそうです。劉輝に気持ちが移ってしまったものね。

夜の宮中でまた迷ってる絳攸(笑)見取り図が間違ってると結論付けてしまいましたよ、オイ^^;

秀麗が拉致されてしまう。秀麗を狙った一連の事件の黒幕は茶太保でした。香鈴もその手助けをしていたんですね。

今回の劉輝はカッコよかったー!
手際よく指示を出したり、罠だと知りつつ秀麗を取り戻しに一人赴いたり。
しかし、それに輪をかけて、
静蘭!カッコいい~~!!
公子に戻ったような口調で茶太保に対峙するところなんてステキでした♪
そして、王宮にいるころは自分の方こそ劉輝を心のより所にしていたのだと言ってましたね。
「劉輝がいたから私は王宮でも生きていけた。愛していたのは私の方だ」
ラブラブ兄弟だ♪
でも静蘭の正体はいろんな人にばれてるようですね^^;

天然かと思っていた邵可パパ
ぬぁんと、殺し屋黒狼だった!!
これにはびっくりでした。じゃ静蘭を拾った時にはもちろん清苑公子だと知ってたわけか。
多くの、いやほとんどの人を謀って生きてるということですね。素は天然なのかもしれないけど^^ 秀麗が知ったらどうなるのでしょうか・・・。

お話は面白かったけど、演出とかもう少し何とかならなかったのかな。臨場感に欠けるというか、いまいち盛り上がりがなかったような・・・。

さて、次回、劉輝は無事に秀麗を助けられるのか。

2006.05.11

映画『ファイト・クラブ』

見ようと思いつつ機会が無くて先延ばしになっていた『ファイト・クラブ』をやっと見ました。エドワード・ノートンとヘレナ・ボナム・カーターが好きなのです。
こんなひねりの効いた話だったのか!予想外に面白かったです。

出席する患者の会を取り合うジャック(エドワード・ノートン)とマーラ(ヘレナ・ボナム・カーター)のシーンはおかしかった。マーラという役はわざわざヘレナ・ボナム・カーターが演じるほどのものではないと思う。ま、彼女が演じたから存在感が出たということか。
エドワード・ノートンが自分で自分を殴ったり突き飛ばしたりする演技は凄かった。
タイラー(ブラッド・ピット)がジャックの理想とするもう一つの人格だったというのは意外だったな。
最後に自分の口に銃をつっこんで撃ったのに、それでも立ちあがって話すなんて確かに「凄い男だ」^^;

このようなひねりの効いた話というと『シックス・センス』とか『マルホランド・ドライブ』とかを思い出します。でもこの二作とは違って『ファイト・クラブ』をまた見たいとは思わなかった。

2006.05.07

『BLOOD+』#30

「ジョエルの日記」

今回はネット配信で見ました。予約録画に失敗してしまって^^; ネットで見られるって本当に便利ですね。

今回も面白かった!
小夜について今まで語られていなかったことが全て明らかになりましたね。

小夜はカイの勧めでジョエルに会い、「ジョエルの日記」の内容を知る。そして、自らあの惨劇の前後、ベトナムでの出来事を思い出す。

小夜の生まれはちょっと衝撃的でした。ミイラ化した翼手の腹の中に繭に包まれていたというのは。気になってたアンシェルですが、ジョエルの助手を務めていて最初から関わっていたのですね。ディーヴァのシュヴァリエになった経緯はまだ語られてませんがそれももうすぐわかるでしょうか。

ディーヴァ(歌姫)と名づけたのは小夜だったのですねぇ。小夜はジョエルに娘のように育てられたが、ディーヴァは実験対象として人間的なものは何も与えられずに幽閉されていた。塔の中にいるディーヴァの感情のない口調がそのことを物語っていました。そんなディーヴァには多少同情する気持ちも沸いてきます。現在のディーヴァはどうもアンシェルに利用されてるような気がしてます。
ディーヴァを解き放った自分の罪を改めて認識した小夜。

やっぱりハジは小夜の花婿として連れてこられてたんですね~♪ハジの夜の相手発言もあったしなぁ^^; そうよね、話し相手や遊び相手なら女の子でいいわけだもんね。時が止まった彼女たちの生殖能力を確かめ、受精したら標本にするためだなんて、あんまりだけど。

ベトナムでの小夜の暴走は、休眠中を無理やり覚醒させられたことによるものだったのですか。
しかし、あの小夜はマジで怖いですよ。『BLOOD+夜行城市』でのハジが小夜を恐れたという発言と呼応してます。ハジの右手の翼手化は小夜の攻撃を防ぐためだったようですね。それであの手を見るとハジはこのときのことを思い出して辛いのだろうな。その右腕も小夜が切断してしまいましたが^^;
この後ハジは赤い盾から離れてしまったというジョエル。その後香港でハジが発見されたことも話に出てきて、おお、夜行城市、とちょっとにんまり(^^) ま、アイザックのことは出さないだろうな、とは思ってましたが^^;

小夜はハジとの例の約束を思い出す。これはまだ明かされませんでした。
小夜が綺麗なドレスで柩に横たわり、ハジがその蓋を閉めるシーンはなんだか素敵でした♪お姫様と王子様チックで。 ただ眠ってる間は繭状になってるのかと思うと何ですが^^;

全てを思い出した小夜のハジを見る目が今までと違ってますね。今までよりももっと親密なものに変わってるようでした。

カイだけ道を渡れなかったシーン。途方にくれたカイの顔が淋しい。小夜、リク、ハジとカイの間の隔たりを象徴してるようでした。

次回は、ネイサンとカールが出てくるんですね。楽しみ~^^
でも赤い盾への総攻撃間近?

2006.05.06

『彩雲国物語』第5話

感想の前にまずは朴さんのインタビューから。
朴さん!イチコロアリスがほしいんですかー(笑)

「努力に勝る天才なし」

楸瑛の弟・龍蓮登場。
すごい派手派手衣装だなぁ(^^ゞ 笛もテキト~みたいだし(笑)
札の勝負でじいさんたちを熱くさせたり、一晩泊めた絳攸に迷惑かけたり、その行動や言動は変わり者以外の何者でもない。でも天才なんですって!
楸瑛のことを「愚兄その四」呼ばわりが笑えた~♪

秀麗と二人で街中を歩くシーンの長者にはならないわらしべ長者みたいな話がおかしかった^^ しかし仮にも妃なんだから護衛もなくてくてく歩いて実家に帰っていいのだろうか^^;

秀麗が正面から向き合ってくれたことが天才ゆえに孤独だった龍蓮にはうれしかったのですね。秀麗のことを「心の友だ。生涯の」と言わせるほどに。
龍蓮の天才っぷりが出てくるのはまだ先なんでしょうか。国試にかる~くトップで受かったりするのかな。

その後も秀麗にはいろんな持ち物などに毒が仕掛けられている。劉輝が秀麗に気づかれずにことごとく取り除いているもよう。毒を仕込んでるのは「あの方」らしいとわかってるようですが、誰なんでしょうね。茶太保?

秀麗は劉輝と楸瑛の花菖蒲を受け取った云々という会話を聞き、またまた誤解してましたね^^; 秀麗の誤解でいくと、劉輝はいったい何人の男とそういう関係に?(笑)
秀麗の作ったゴマ団子が美味しそうでした♪

2006.05.04

オタ バトン

横溝ルパンさんの「日々の記録 on fc2」で見てしまいました。
見たらやらなきゃいけない「ザ☆強制バトン」なんですって~。
早速やってみましょう^^

*ルール*
 見たら必ずやらなきゃいけないバトンです
 最後に自分でタイトルを一つ追加します

NARUTO
 原作もアニメも見てない。
 
D.Gray-man
 漫画ですよね?アニメにもなってるの?

テニスの王子様
 原作は未読。アニメはレンタルで40話まで見た。
 手塚なんて中坊はおろか高校生でもありえんのじゃ?(笑)
 アニマックスの放送が追いついたら
 その先も見ようと思ってます。

BLEACH
 原作は未読。アニメは4話で切りました。

ONE PIECE
 原作もアニメも見てません。

ガンダム
 ファーストが最高。リアルタイムでハマってました!
 当時ビデオなんてなかったから学校から急いで
 帰ってた(笑)たしか5時からの放送だったんで。
 シリーズほとんど見てます。

ファイナルファンタジー
 ゲームはほとんどやりません。映画は見た。
 でもフルCGアニメは人物がキモイです^^;

EVANGELION
 レンタルで見ました。一話一話見てる時は
 面白いんだけど見終わった後のあの不快感は・・・。

BLACK CAT
 原作は未読。アニメは現在アニマックスで視聴中。
 数話で切りそうになったけど、三木眞のクリードのために
 見る?のか、私(笑)

学園ヘブン
 BLです。ゲームやってません。漫画も読んでません。
 キャラ原案の氷栗優さんの絵、漫画好きなんでそのうち
 漫画は読みたい。アニメはAT-Xで第1話のみ見れました。
 続きが見たいー。

ドラゴンボール
 アニメ無印は面白く見てました。
 
北斗の拳
 原作もアニメも好きでした。特にレイとトキ。ラオウとトキの
 兄弟対決には涙したな。
 この前、子安さんがケンシロウを演ってる「新・北斗の拳 」(?)
 を見ましたが、ケンシロウはやっぱり神谷さんがいいよ~。

セイント聖矢
 アニメは結構見てた。車田正美だったら「リングにかけろ」
 の方が断然好き。

ボボボーボ・ボーボボ
 原作もアニメも知りません。

HUNTER×HUNTER
 原作、アニメどちらも見てない。絵が好みじゃない。

銀魂
 アニメは2話で切ってしまった。
 漫画の方が自分のペースで読めるから
 面白いかも、読んでないけど。

DEATH NOTE
 コミックス7巻まで買ってたけど、Lが出なくなってから
 買わなくなってしまった。やっぱりLがいなきゃ
 面白くないよ。

少女革命ウテナ
 アニメは見てません。さいとうちほさんは好きなんで
 漫画は読んだ。でも、なんじゃ、こりゃ?って世界で
 わけわからんかった^^;百合はだめですな^^;

アラレちゃん
 漫画、アニメ共に見てました。

パタリロ
 漫画の方が好きだった。

エウレカセブン
 去年から今年にかけての私のNO.1アニメ!
 1年間ほんとに楽しませてくれました。

ゼノサーガ
 知りません。

サイバーフォミュラー
 見てません。

ストリートファイター
 ゲームでしたっけ?

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
 見てません。ガール・ミーツ・ガールしなくていいです^^;
 ボーイ・ミーツ・ボーイだったら見るのに(笑)
 
こいつら100%伝説
 全然わかりません。何?

スラムダンク
 アニメはチラチラ見てたかな。
 よしながふみさんの同人誌にハマりました(爆)

ビックリマン
 何でしたっけ?

愛の戦死ヘッドロココ
 これまた全くわかりません。

ツインシグナル
 確か漫画だったような。

GANTZ
 原作は未読。アニメは見ました。
 OP曲が大嫌いだった(爆)内容はゲロゲロ
 だったけどまあ面白かった。

ギャラリーフェイク
 アニメは見ました。藤田を森川さんが演じてたので
 最後まで見た。美術関係が好きなこともあったし。
 しかし、フィクションとはいえ、ラファエロの聖母の顔に
 傷入れられたときは、やめて~と思った、マジで^^;
 ラファエロの絵、大好きなんだもん。

ローゼンメイデン
 第1、第2期とも見ました。以外に面白いんだよね。
 翆星石の口の悪さが好き。

MONSTER
 アニメしか見てないけど、これが最高に面白かった。
 脇の声優陣がすごいベテラン揃いで豪華でした。

幻想水滸伝
 ゲームですか?

おおきく振りかぶって
 人気漫画としか知りません。

RAVE
 アニメはいつ切るかと思いつつ最後まで見ました。

メダロット
 知りません。

ヒカルの碁
 アニメは見ました。すごく面白かった。
 碁に興味を持った。

機動戦艦ナデシコ
 おもしろいかなと思いつつ見てません。

BLUE SEED
 知りません。

覚悟のススメ
 漫画?

トライガン(トライガン・マキシム)
 見てません。

女神転生
 ゲーム?

セーラームーン
 結構好きで見てました。OP曲もよかった。

FATE/stay night
 未放送地域につき見たくても見られません。
 レンタルで見ようと思ってます。

ハーメルンのバイオリン弾き
 名前だけは聞いたことある。

ぷよぷよ
 ゲームでしたっけ?

さよなら絶望先生
バテン・カイトス
ワイルド・アームズ

 全く知りません。

爆走兄弟レッツ&ゴー
 聞いたことはある。

コゼットの肖像
 ゲームでしたか?

好きなゲームキャラ
 ほとんどしないのでもちろんいません。

テイルズ オブ ジ アビス
 ゲームか?

覇王大系リューナイト
 知りません。

魔神英雄伝ワタル
グランゾート

 見てません。

遥かなる時空の中で
 漫画は雑誌で何回か読みました。

ひぐらしのなく頃に
B.B.Joker
家庭教師ヒットマンREBORN!

 聞いたことはある。

ヴァンパイア騎士
 好きです。優姫、枢、零、この三角関係はどうなる?
 私は枢様派です。

PEACE MAKER 鐡
 漫画もアニメも好きでした。
 漫画は休止状態ですが、再開して欲しいなぁ。

ホイッスル!
 見てません。

フルーツバスケット
 原作は途中までしか読んでない。なんでもあの人が
 女だったそうですね^^; アニメもすごくよかった。

怪盗セイントテール
 見たことないです。

戦闘妖精雪風
 原作大好きです。アニメにはいろいろ文句がある。
 特に女性キャラの服は何だ、ありゃ(怒)

LOVELESS
 漫画の方が好き。早く先が読みたい。

花田少年史
 友人にも薦められたけどまだ見てません。

プリンセスチュチュ
 大好きでした。ラストのふぁきあとアヒル。あひるはやっぱり
 アヒルに戻ってしまったのよね。でもそんなラストも
 この物語にはふさわしいと思ったものです。

追加分は「カウボーイビバップ」にさせてもらいましょう。
私のオールタイムベストです。ストーリー、キャラ、音楽、演出、全てにおいて最高水準だと思います。本編に登場する前にEDの絵でビシャスに一目ぼれした(爆)そして天才・菅野よう子にどっぷりハマったのもこの作品でした。

はぁ~、長かったです~。
でも楽しかった^^

2006.05.03

『西の善き魔女 Astraea Testament』

BS朝日でもやっと始まりました!地上波未放送地域なのでBS頼みなのですよ^^;

原作はだいぶ前に読んでます。が、細部はほとんど覚えてません。あまり好みではなく面白いと思わなかったんですね(^^ゞ フィリエルは良しとして、ルーンは好きじゃないし、ユーシスやロットというカッコいい男性キャラも出てくるのに印象に残ってない。一番印象に残ってるのが、フィリエルが女学校に入るのにルーンも女装して入ったことか^^; こんな状態なので、アニメ見るときは新鮮な気持ちで、なおかつだんだん思い出してきて楽しめるのではないかと思っています。ライアモン・リイズ役で中田譲治さんが出るというのも楽しみです。

現在、コミック版も連載中なんですね。作画されてる桃川春日子さんの以前の作品、エレクトリック・マーメイドシリーズはすごく好きだったなぁ。

第1話「エディリーンの首飾り」
一口感想^^;
ロットは石田彰さんですか。女性に優しい貴公子、ううっ、カッコいい~~♪
展開早いですね。目まぐるしい・・・。
背景、美術が綺麗ですねー。キラキラしてます。

毎回は感想書かないと思います。何か、おっ、と思うことがあれば書くかも。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon