お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 映画『ファイト・クラブ』 | トップページ | 『BLOOD+』#31 »

2006.05.13

『彩雲国物語』第6話

「画竜点睛を欠く」

政をする劉輝に自分の仕事は終わったと後宮を辞するつもりでいる秀麗。
「私の生きる場所はここじゃないもの」
秀麗、淋しそうです。劉輝に気持ちが移ってしまったものね。

夜の宮中でまた迷ってる絳攸(笑)見取り図が間違ってると結論付けてしまいましたよ、オイ^^;

秀麗が拉致されてしまう。秀麗を狙った一連の事件の黒幕は茶太保でした。香鈴もその手助けをしていたんですね。

今回の劉輝はカッコよかったー!
手際よく指示を出したり、罠だと知りつつ秀麗を取り戻しに一人赴いたり。
しかし、それに輪をかけて、
静蘭!カッコいい~~!!
公子に戻ったような口調で茶太保に対峙するところなんてステキでした♪
そして、王宮にいるころは自分の方こそ劉輝を心のより所にしていたのだと言ってましたね。
「劉輝がいたから私は王宮でも生きていけた。愛していたのは私の方だ」
ラブラブ兄弟だ♪
でも静蘭の正体はいろんな人にばれてるようですね^^;

天然かと思っていた邵可パパ
ぬぁんと、殺し屋黒狼だった!!
これにはびっくりでした。じゃ静蘭を拾った時にはもちろん清苑公子だと知ってたわけか。
多くの、いやほとんどの人を謀って生きてるということですね。素は天然なのかもしれないけど^^ 秀麗が知ったらどうなるのでしょうか・・・。

お話は面白かったけど、演出とかもう少し何とかならなかったのかな。臨場感に欠けるというか、いまいち盛り上がりがなかったような・・・。

さて、次回、劉輝は無事に秀麗を助けられるのか。

« 映画『ファイト・クラブ』 | トップページ | 『BLOOD+』#31 »

コメント

深月さん、こんばんは^^
TB、コメントありがとうございます。

>原作知っているからかなあと思っていたんですよ(苦笑)
原作読んでなくても思いましたから、原作ファンの方は余計にそう思われたかも^^;

>闇に同化する邵可パパなんですけどね。
眼光鋭いパパ!目が開いてるよ!とびっくりでした(笑)カッコよかったですね~♪

いつもありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきますね。

確かに緊迫感とかが足りなかった気がしますね。
原作知っているからかなあと思っていたんですよ(苦笑)

話はかわって
静蘭すごくかっこよかったですよね。
藍家万歳な私もときめいてしましました。
もっとときめいたのは
闇に同化する邵可パパなんですけどね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101919/10046003

この記事へのトラックバック一覧です: 『彩雲国物語』第6話:

» 彩雲国物語 第6話 [孤狼Nachtwanderung]
         第6話「画竜点睛を欠く」 茶太保、詰めが甘かったですね。。。 秀麗が倒れた!? 香鈴の秘伝の香というのはやはり・・・。 絳攸はまた迷子、だがそれが幸いして香鈴が誰かと言い争う声を聞いてしまう。 不審に思い部屋に入ると香鈴が倒れていた... [続きを読む]

» 彩雲国物語 #6 [日々の記録 on fc2]
秀麗が何者かにさらわれてしまいました。彼女を救うために、劉輝、静蘭、楸瑛、絳攸が動きます。何だか慌ただしい展開でした。ようやく登場人物たちの名前と顔がくっつくようになった...... [続きを読む]

» 彩雲国物語 06「画竜点睛を欠く」 [はざまの欠片]
父様の目が開いたっ!まさか伝説の黒狼が苦々しい父様だったとは! 通常の3倍を物語るいい〜目してましたよ。あんなに眼光が鋭かったとはっ!いいもん見せてもらいました。ちょっと必殺仕事人の中村主水ちっく。普段は冴えないけど実は…みたいな。 そしてこの企みは茶太保...... [続きを読む]

» 彩雲国物語 第6話 [海星家(みほしや)]
第6話、いろいろな事が判明してとても面白かったです!では順を追って感想を! たく [続きを読む]

» 彩雲国物語 6話「画竜点睛を欠く」感想 [月の砂漠のあしあと]
前回国民の血税で笑いを取りに行こうとした王様ですが、どうやら日に日に王様らしくなっている様子。しかし秀麗さんは、開幕戦で満員のスタンドをみて引退を決意したと言う新庄のように、割とアッサリした感じで「もう自分の仕事はやり遂げた」と後宮から去るつもりです。 ...... [続きを読む]

» 彩雲国物語 6話「画竜点睛を欠く」感想 [月の砂漠のあしあと]
前回国民の血税で笑いを取りに行こうとした王様ですが、どうやら日に日に王様らしくなっている様子。しかし秀麗さんは、開幕戦で満員のスタンドをみて引退を決意したと言う新庄のように、割とアッサリした感じで「もう自分の仕事はやり遂げた」と後宮から去るつもりです。 ...... [続きを読む]

» 彩雲国物語 第6話感想〜 [ソンナカンジで。〜のろのろと〜]
第6話 画竜点睛を欠く 色々と動き出して、駆け足で物事が展開していきましたね今回は! 朝議では、劉輝の目覚しい成長が見て取れました。 自分の意見も述べるようになり、官吏達の意見もまとめられる…。 楸瑛も「実に王らしくなった」と誉めてました(〃▽〃) が、それもこれも「先生がいいからだ」(本人談) 絳攸も笑い取るのが仕事じゃないもんね、ちゃんと見えてないとこで 頑張ってたんだね〜(*^▽^�... [続きを読む]

» 第6話「画竜点睛を欠く」 [read and write]
 彩雲国物語#6 ヒロインが攫われてしまう話でした。うーん、ベタだなー。 [続きを読む]

» 彩雲国物語 第6話「画竜点睛を欠く」 [シバッチの世間話]
彩雲国物語 はじまりの風は紅く攫われる秀麗。 そんでそんな時に行方不明になっている静蘭は絳攸たちに疑われております。 しかし劉輝が大好きなお兄ちゃんを疑うはずもなく(笑)絳攸たちを含めて自分がいかに信頼しているかを語るのでありました。 「頑固で融通....... [続きを読む]

» 彩雲国物語 第6話「画竜点睛を欠く」 [隠れヲタク的日々日常]
クッ……ヤラ( ゚∀゚ )レタ!!! 大きくお話が動きましたね。 思ったよりよかったww つーか興奮した!! 管理人は原作既読者です 感想↓ [続きを読む]

» 彩雲国際物語6話「画竜点睛を欠く」 [◆◇◆黒衣の貴婦人の徒然日記◆◇◆]
最初に一言叫ばしていただいてよろしいでしょうか〜?(笑)「え?お父さまぁ〜??」「えぇぇぇぇぇ〜〜〜!!!邵可さま〜〜〜〜〜っっつ!!!!(>▽<)/」すごいだましでした(笑)池田さんがCVやってるから、ただの人であるわけがない(酷)とは思ってました...... [続きを読む]

» 彩雲国物語「画竜点睛を欠く」 [朔夜の桜]
画竜点睛 最後に大切な部分を付け加えて 物事を完全に仕上げること。 画竜点睛を欠く 睛はひとみのこと。 中国の絵の名手が寺の壁に龍の絵を描き、 最後にひとみを書き入れたら、 たちまち龍が天に飛び去ったという故事から。 以上小学館 現代国語例解辞典 第二版より。 私の生きる場所はここじゃないもの と寂しそうにつぶやく秀麗。 切なくてグッときますね〜。 方向音痴を断じて認めない絳攸。 相変わらずギャクキャラ扱い。でもカワイイ(o^-... [続きを読む]

» 彩雲国物語 第6話 [Die Musik der Nacht]
えーっと、今回は…… 静蘭素敵♪(←明らかに好き度が上がってる) ……って事ぐらいしかコメントできない……他には絳攸がちゃんとかっこいい感じの所も見せてて良かった!とか……あと流石シャア(声)だよね、とか……。 正直、今回の話の辺りは原作でも唖然としてしまった辺りなので。今回の見所はやはり静蘭の「愛していたのは私の方だ!」に尽きるかと。悲しい人だ……。そして劉輝の3人への信頼も良かった... [続きを読む]

» 彩雲国物語 第6話 [Cosi Cosi]
彩雲国物語 第1巻〈初回限定版〉〔DVD〕 2006/08/04発売! CD付きの初回限定版 ドラマCD 彩雲国物語 第二巻 黄金の約束 【画竜点睛を欠く】 秀麗に毒を盛っていた犯人は茶太保だったよ! 茶太保(@坂東尚樹)は自分の野望のため、霄大師(@石井康嗣)の上にいける....... [続きを読む]

» 「彩雲国物語」第6話 [berryの頭ん中☆]
◆画竜点睛を欠く◆ 怪しい人がいますね。一人、二人・・・・三人。 今回はええっ!?この人がこうで、あの人が実は敵で味方で??? うわー(ノд`)ノガシャーン=☆ 一気に素性が明かされオドロキの展開でした。 原作知らなかったので制作側の思い通り喰いついて見てしまいました。 ・茶太保(さたいほう)どうしても「ちゃたぼう」って読みたくなる・・この人が�... [続きを読む]

» 彩雲国物語「画竜点睛を欠く」 [KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と]
彩雲国物語―黄金の約束角川書店雪乃 紗衣このアイテムの詳細を見る  題名の「画竜点睛を欠く」は、茶太保の人生のことでした。努力に努力を重ねてこれまでの地位を気づき上げた茶太保だったけど、最高位につくことはできなかった。天才である霄太師にはどうしても敵わず、それだけが自分の人生において成し遂げられなかった点、すなわち画竜点睛だったのでした。  そこでこの茶太保さん、人生も終わりに近づいて最後の賭に出ます。清苑公子を王に担ぎ上げて霄太師を追い落とす。それで名実共に最高の地位を手に入れて、人生を完璧な... [続きを読む]

« 映画『ファイト・クラブ』 | トップページ | 『BLOOD+』#31 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon