お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.29

残すはあと8試合

ワールドカップも残るは8試合となりましたね。
金曜深夜からは準々決勝です!

ドイツ-アルゼンチン 
イタリア-ウクライナ
イングランド-ポルトガル
ブラジル-フランス

どれも好カードですね~。
希望としては、ドイツ、イタリア、イングランド、フランスに勝ってほしい。のですが、ドイツ、フランスは難しいかな^^;いやいや戦ってみなきゃわからないよね。
ドイツサポとしては次が最後の試合になってしまうかもしれないので気合入れて応援したいと思います!

2006.06.26

ドイツベスト8進出

ドイツ-スウェーデン -0

ベスト8に一番乗り!よかった~。
1941441969 終始優勢に試合を進めたドイツ。前半のいい時間に2点を取りました。どちらもクローゼからポドルスキーのシュート!ポドルスキーも波に乗ってきたか。今ドイツ全体が波に乗ってますからね。
後半スウェーデンはペナルティ・キックのチャンスにラーションが決められずにそのまま2-0で終了。このペナルティが決まってたらまた違った展開になっていたかも。
さぁ、次は準々決勝アルゼンチンとです!うわ~正念場です。すごい試合になりそうだ・・・。

2006.06.25

『BLOOD+』#37

「狂おしいまでに」

おお~、いきなりカールの過去。それもディーヴァに血を与えられシュヴァリエになるシーンとは。ちょっと怖がってるカールがいい。ソロモンも今よりちょっとだけピチピチしてるような・・・。

デヴィッドのエプロン姿!ケーキ作りですか!?なんだかダンナ(ルイス)と嫁(デヴィ)みたいだ^^; ハヴィアの誕生会に全員集合。小夜だけでなく真央と岡村も呼ばれてたのね。

カールはコープス・コーズを無断で持ち出す。アンシェルとソロモンの会話が不吉だ~^^;「また僕なのですね」アンシェルはソロモンに何をさせようというのか。アンシェルは自分の手は汚さないのね。

カールがコープス・コーズを連れて小夜を襲いに来る。自分と小夜の邪魔はさせないとコープス・コーズにハジたちの相手をさせる。シフが加勢に現われ、カイやデヴィッドも応戦する。仲間って頼もしいね。シフを助け感謝すると言われ、振り返ったハジがステキ~♪でも台詞はナシなの?^^;

カールは望むことなくシュヴァリエにされたのかぁ。結局実験材料に過ぎなかっただなんてあまりに可哀想で、カールがこんな風なのも仕方が無いことなのかもしれませんね。アンシェルはやはり極悪です。希望だったディーヴァの愛も得られず、自分をわかってくれるのは小夜だけだと思い込んでしまったのですね。
小夜の血がカールの目の下に落ちまるで涙のように頬を一筋流れるところは、本当に泣いているようでした。翼手化したカールが小夜を捕らえて「望まれぬ者同士行こう」と小夜の首にガブッと噛み付くシーンからは見せましたね!自分の腹ごとカールを刀で貫く小夜は凄かった。カールの腕を切って小夜を自由にさせたのはソロモンだったのか。とうとうディーヴァのシュヴァリエの一人が小夜によって死んでしまいました・・・。

ソロモンの「可哀想なカール」から始まる述懐も良かった。カールは「彼を見ている僕がいたことにも」気づかなかったと語るソロモン。カールの結晶を握りしめて、目を潤ませるソロモンの表情からは哀切な感情が伝わってきました。そんなにカールのこと思ってたなら言葉にして言ってやってくれてたらカールも少しは違っていたかもしれないのに・・・。1週間後ディーヴァがクリスチーナ島に向かうことを小夜たちに知らせ去っていくソロモン。今後ソロモンはどういう立場を取るのでしょうか。アンシェルには歯向かえないのかなぁ。

「お前を守りたい」というカイに「バカ」と唇をふるわせる小夜。皆を守るために故意に距離を置いていた小夜ですが、これからはカイたちそしてシフたちと共に戦っていくことになりそうですね。

2006.06.24

イタリアも1位通過!

チェコ-イタリア 0- (E組)

この試合どちらも負けられない試合となった。
イタリアの選手皆気合入れて国歌歌ってましたね。
カメラがベンチのインザーギを映します。ピッポを出してくれよー!皆の願いだ。

3704458114 序盤はチェコの攻撃が続く。なかなかフィニッシュまでいけないイタリア。そんな中26分トッティのコーナーからマテラッツィのヘッドで先制!高い!
ネスタの怪我で交代で入ったマテラッツィがやってくれました。
ロスタイムには2枚目のイエローでチェコの選手が一人退場に。

後半、一人多いイタリアだがあまりそんな感じは受けなかった。あまり良くない。ジラルディーノに代えて出たー。インザーギ!
2106700879 42分、ピッポが抜けたー!キーパーをかわして無人のゴールへ2点目!やっぱりスーペルピッポ・インザーギだ。決めてくれました。

E組は1位イタリア、2位ガーナという結果になりました。混戦でしたね。ここでチェコが姿を消してしまうのは残念。
イタリアは決勝T一回戦いきなりブラジルと当たるのは避けられました、よかった。オーストラリアとの対戦ですね。調子上げていってほしいものです。

今日の深夜から決勝Tが始まります。ドイツ戦があるのに明日は朝から出かけなきゃいけないので見られない(泣)

『彩雲国物語』#12

「逃げるが勝ち」

お、新キャラ美少年君登場です。何か大切なものを持って貴陽へやって来たらしい。怪しげな男たちに後をつけられてる。
秀麗は花街の妓楼・姮娥楼でもバイトしてたんですねー。それもあんなに小さい時から。えらいなぁ。パパと静蘭には内緒なのね。でも結構二人は知ってて黙ってるのかも^^;
No.1芸妓の胡蝶姐さん、大人だな~、艶っぽい、って当たり前か^^;

美少年君の名前は杜影月で13歳だそう。どうも怪しげな男たちにお金を取られたらしい。秀麗は自分の家に泊まるように誘う。
適性試験に及第した秀麗を酒楼でお祝いする邵可と静蘭、ついでに影月君も。
だがそこで、女が国司を受けてどうするという他の客達の話が聞こえてきて、パパ静かに怒り炸裂!卓や椅子がバラバラだ~!流石です(^^ゞ
「誰も何の努力もしないで大切なものをその手につかむことなんてできないんだよ」
いいこと言いますね。
酒はだめだという影月。大事なものを取られていたことにやっと気づきます。大事なものとは札らしいけど、何の札なんでしょうね。

ごろつきに絡まれる影月。彼らの言うには仲間をかわいがって金まで取っていったのが影月だ、って。酒飲むと豹変するということ?それとも人違い?影月を妓楼に預けたのが楸瑛だということだからこれをやったのは楸瑛なのかな。
秀麗、影月、静蘭はいったん姮娥楼に逃げ込むことに。
このごろつきたちは青巾党というらしい。なぜか秀麗の幼馴染三太も仲間に入ってるみたいですね。

楸瑛、絳攸、そして劉輝までが姮娥楼へ。花街を珍しそうに眺めながら劉輝の一言。
「楸瑛の後宮か」
って(爆)違う~~(笑)

姮娥楼で鉢合わせた秀麗に焦った劉輝の言い訳。
「余ならこんなところに来なくても、自分のところでいくらでもできる」
墓穴(爆)秀麗の前でそんなこと言っちゃ~ダメでしょ^^;

新たな展開で楽しめました^^

ゲストが桑島法子さんでしたね。でも全てをかっさらって行ったのは、関智一さんからの劉輝のイラストでしたー!!
かかずさんに台本破って直接渡したってなんじゃそら~(笑)笑ってしまった。このコーナーに出そうと練習してたって?そのうち他の人のイラストも見られるのかな(笑)

2006.06.22

ドイツ1位通過!

いやー、よかったよかった^^
ま、ドイツにとってはこれからが本当のW杯の始まりですね^^;

エクアドル-ドイツ 0- (A組)

1195507828 ポドルスキーのゴールがやっと出たー!クローゼも2得点とやってくれました。やっぱりゴール決めるべき人が決めるのが大事よね。ま、エクアドルは負けても決勝T上がるの決まってたからいまいち攻めてこなかったということもあったけど。
1位通過でイングランドと当たらなくてよかった。代表マネージャのビーアホフもベッケンバウアーもイングランドとは当たりたくないと言ってたからね^^;希望通りスウェーデンとの対戦になりました。さあ、どこまで勝ち進めるか、正念場です。ドイツではベスト8だという声が大半だそうです。現実的ですね。


315036483 最近の妙な楽しみ。クリとレーヴのツーショット見るとつい萌えてしまうこと(^^ゞ この試合でも肩組んで喜び合っていたなぁ。

←これはたしかコスタリカ戦の写真。

グループA~Dで決勝T進出チームが決まりました。
A組
   1位 ドイツ       2位 エクアドル
B組
   1位 イングランド    2位 スウェーデン
C組
   1位 アルゼンチン   2位 オランダ
D組
   1位 ポルトガル    2位 メキシコ

順当なところですね。
さて今日深夜からはE組以降が決まってきます。
私はE組イタリアが果たして1位通過できるかが気がかりです。でも生で見られないのよね、これが^^;明日の仕事に差し支えるもので・・・。

2006.06.18

イタリア-アメリカ 

イタリア-アメリカ 1-1 (E組)

荒れた試合になってしまいましたね・・・。退場者3人も出てしまった。
イタリアを応援してる身にはイライラ欲求不満がつのる試合でした。

M4517724アメリカペースで始まった試合。アメリカの攻撃をしのぎつつ、ピルロのフリーキックからジラルディーノのヘッドでゴール!嬉しい先制点!
ジラのパフォーマンスはヴァイオリン弾き?(笑)

ところが、アメリカのフリーキックをザッカルドが何とオウンゴール^^;
その直後にデ・ロッシがひじ打ちのファウルでレッドカード、一発退場。デ・ロッシが熱くなって激しいディフェンスするのはわかってるけど、ちょっと気をつけてほしかった・・・。あ~、信じられない展開。これでイタリアは10人に。
前半終了間際に今度はアメリカの選手にレッド。その時ばかりは審判、赤出せ、赤と言ってましたけどね^^;これで10対10。

後半に入ってすぐ、アメリカの選手に2枚目のイエローが出て退場。これで10対9とイタリア有利に。だが、イタリアは精彩を欠き、いいシュートはあるものの決まらず。最後までアメリカの守備を崩せなかった。はぁ。
1-1の引き分けで勝ち点1ずつ分け合った。

E組混戦ですね。イタリアは次はチェコとですよ。調子戻してくれ!グループ1位で抜けたいものね。2位だったら決勝T一回戦いきなりブラジルと当たっちゃうし^^; ま、それより次の試合で勝つことが先決だな^^;

『BLOOD+』#36

「すれちがう想い」

なぜ小夜を殺してはいけないと激するカール。
「残念だよ、カール」って、アンシェル兄さん、カールをどうするつもりですか。

おや、ディーヴァがいつもの姿に戻ってる。ジェイムズも彼女の言葉に逆らえないんですね。ネイサンがジェイムズを「ママの頼みなら何でも聞いちゃうんだから」と言ってました。ママとはディーヴァを指してたんですか。
ネイサンが男に戻ったー!いきなりドスきかせて「お前がいるんだろ」って怖いよ^^;
ディーヴァはリク似の顔に自在に変えられるようですね。

デヴィッドが変装~♪白衣はいいけど、眼鏡はちょっと似合わないかな。研究所に潜入しますがアルジャーノにはすぐに発見されてしまいましたね。
ジュリアと再会!ジュリア、しれっとしてるな^^;もう完全にあちら側の人間なんでしょうか。捕らわれそうになったデヴィッドだが、アルジャーノがいつものように飴を差し出した隙を逃さず逆にアルジャーノを人質にして脱出。慌てるアルジャーノ^^ 開放された後飴を捨てちゃうアルジャーノ、可笑しかったですね♪

コヴェント・ガーデンを見張るカイ。小夜とハジもディーヴァを追ってそこへやって来る。
ネイサンと初対面。ハジを「想像以上にいい男ね」と言い「あたしとよろしくやりましょうよ~」だって(笑)ところでネイサンの言葉によるとハジをディーヴァの花婿にという話はなしになったようですね。
翼手化したジェイムズが強い!小夜の刀もカイの銃弾も弾いてしまう。ううっ、ハジがまた腹をぐっさり刺されてる~。
ところがネイサンがあわやというところでジェイムズをとめる。花嫁の死にふさわしい舞台ではない、と。この辺りのネイサンの言葉、言い回しはぞくっときました。この人の精神的な闇は深そう。従おうとしないジェイムズにまたドスをきかせて「殺すぞ」。「わかった」と言うことを聞くということは、ネイサンは結構強い!?ジェイムズが逆らえないだけ?

うお~、弱った小夜がハジの血を吸った~(#^.^#) カイが見てるのに気づいて一瞬躊躇するけど、見せつけるように吸ってましたね~!いや、カイも複雑でしょ。

予告!
力入ってます、カール!出たー!レッツ・ダンス!!
「全てを失った僕」?アンシェルに引導渡されたんでしょうか。

2006.06.17

イングランド、アルゼンチン決勝T進出決定

イングランド-トリニダード・トバゴ -0 (B組)

膠着状態にルーニー投入で流れ変わりましたねー。いや、それにしてもルーニーがもう試合に出てくるとは驚き。決勝Tからか、と言われてたからね。

4000319743 後半38分にクラウチの高いヘッドでやっとゴール!そして、ロスタイムに入ってすぐジェラードの2点目ーー!!
サポーターが歌う歌う!やっぱイングランドサポの応援が一番魅力的。

勝ち点6で決勝トーナメント進出決定です。あとは最後の試合で1位になるか2位になるかだな。

アルゼンチン-セルビア・モンテネグロ -0 (C組)

圧勝!アルヘンティーナの凄さを見せ付けられたような試合でしたね!凄すぎ!
ゴールシーンはどれも凄かったけど、特に2点目が印象に残ったな。
3160847648 流れるようなパスワークからのカンビアッソのゴールでした。

しかし、6点もの大量得点になるとは。アルヘンを応援していたのに、ついセルビア・モンテネグロ頑張れと言ってました(笑)1点くらいは返してほしかったですね。
さあ、決勝T進出です。

『彩雲国物語』#11

「恋の病に薬なし」

風邪を引き寝込んでしまった秀麗を皆が見舞いに来るというお話。
ちょっとテンポ悪いかな(^^ゞ あと詰め込みすぎの感も・・・。

回想シーンで秀麗の母親が出てましたね。今度はちゃんとお顔も。話し方からするとかなり位の高いお譲様かお姫様だったのでしょうか。邵可が殺す相手だったのですね~。で、惚れちゃったのか。サブタイは誰のことかと思ったら邵可パパだったとは(笑)
回想の少年静蘭がかわいい~っ♪
楸瑛&絳攸に自分が何でもできることを威張る静蘭が素敵過ぎました!

楸瑛のオヤジギャグーー!さぶっ、さぶすぎるよ~(^^ゞ 頬を染めて「聞かなかったことにしてくれ」とか言ってるけど、しっかり聞きましたとも!こんな面もあるキャラだったのか(笑)

‘おじさん’こと黎深と黄尚書もやって来ました。忍び込んで窓から秀麗の寝顔を覗くなんて何やってんでしょ、おじさんは^^; 黄尚書も窓をひらりと乗り越えて入ってましたね^^;
黎深は邵可と秀麗のことをすごく思ってる人なんですね。邵可との話でいろいろ明かされましたが、盛りだくさんで理解が追いつかない・・・。紅家の当主になったのは黎深で邵可を追い出したということになっていて、秀麗に恨まれていると思い名乗れないでいると。黎深は全て知っているのですね。

劉輝も忍んで来ました。眠ってる秀麗の顔や首筋の汗を自分の服の袖を破って拭いてやるシーン。何かやらしかったですよ(#^.^#)あげく口移しで薬をのませるし。
黎深の嫉妬が笑わせます。
楸瑛&絳攸のコンビもいいけど、黎深&黄奇人もけっこう好きだな。

2006.06.15

ドイツ2連勝!!

ドイツ-ポーランド -0 (A組)

2859336310

生放送は大雨で受信状態悪くてほとんど見れなかったのよ^^;もうこの時期はほんっと雨が恨めしい。で、しょうがなく再放送で見ました。

1-0で勝ったと知ってても燃えたよー!
キャプテン・バラックの登場です。
もう負けられないポーランドとのガチンコ勝負。ドイツが押し気味に試合を進めるがポーランドもドイツの攻撃をことごとく跳ね返す。今日のドイツは第1戦とは違って守備が良かった。意識を高めて修正してきましたね。よしよし。
バラックのパスがいい!ラームのクロスが冴える。が、シュートもキーパーに阻まれなかなかゴールが生まれない。
前半も後半も、あ~、とか、うわ~、とか、おお~、とか叫んでしまう惜しいシーンばかり。後半ロスタイムに入る間際怒涛の波状攻撃、クローゼ、バラックのシュートがバーを叩いたのなんかなんで入らない?って感じだったよ。
だが、ロスタイム!途中交代で入ったオドンコルのクロスから、ヌーヴィルのシュートが決まったーー!!!やったーー!!!

1122037639 すごいよ、ヌーヴィル!

はぁ、すごく良い試合でした。これで決勝トーナメント進出は決定的ですね。ポーランドは無理かなぁ・・・。

スペイン-ウクライナ

スペイン-ウクライナ -0 (H組)

いい試合になるんじゃないかと期待して見てたんですが、ウクライナどうした?あららぁ・・・。まさかこんな大量得点許してしまうなんて。
スペインの圧倒的な攻撃力、早いパス回しに、なかなかボールが取れないウクライナ。シェフチェンコのとこにボールが入らないんだもん。
後半に入ってすぐレッドカード一発退場でウクライナは10人になってしまってますます苦しくなってしまった。シェヴァの見せ場は一回くらいしかなかったんじゃないですか。次の試合は活躍を見せてほしいものです。

イタリア快勝!

イタリア-ガーナ -0(E組)

昨日再放送を録画したものをやっと見れました^^; はぁ、しかし再放送だと国歌斉唱がカットされてるじゃないの!イタリア国家一緒に歌いたかったのに・・・。ドイツの次に応援してるのがイタリアです。リーグ見てるのも今はほとんどセリエAだけなもので。
ローマからはトッティ、デ・ロッシ、ペロッタ、クフォー(ガーナ)がスタメン。

1915072023トッティ!!髪切ってるーー!びっくりだわ。なんか10代の頃を思い出すね。闘志の表れか?それに調子もいいみたいじゃないの。トッティからトーニ、ジラルディーノへの連携がいい!スピーディーな試合展開で両チームとも攻撃攻撃の連続で見応えあったね。

2013884439

何回もイタリアの惜しいシーンがあって、トッティのコーナーからピルロのミドルシュート!決まったー!1-0!

後半9分にトッティはカモラネージと交代。直前に左足踏まれてましたが、後に単なる打撲と発表されててひどくなくて一安心です。ジラルディーノに代えてイアクィンタ投入。これが大当たり。ガーナのクフォーのミスからイアクィンタがゴール!2-0で快勝でした。いや、何か凄かったよ。これならいいとこまで行くかも?

試合後、トッティがクフォーを慰めてたらしいですね。さすがキャプテン♪
と思ったら、何か二人は賭けをしてたらしい。負けたら奢るとからしいですが。ピッチでその話もしたんだろうか(笑)

2006.06.12

オランダ、メキシコ白星発進

セルビア・モンテネグロ-オランダ (C組)
             0-1

ロッベン!!凄かったね!面白かった。
セルビア・モンテネグロにはもうちょっとオランダを苦しめて欲しかった。

メキシコ-イラン (D組)
    3-1

五分五分の試合展開。1-1で後半30分過ぎにメヒコに2点の追加点。
メヒコサポの♪メヒコ、メヒコ、ラララ は楽しいね。

今晩からの試合は一体いつ見れるかな^^; 一次リーグはどんどん見てない試合がたまっていくのが難ですね。

             

2006.06.11

イングランド、アルゼンチン順当に勝ち点3ゲット

イングランド-パラグアイ 1-0 (B組)

3204425017

ベッカムのフリーキックからパラグアイのオウンゴールで1点!結局これが決勝点となりました。イングランドはなかなか攻め切れなかったですね~。イングランドサポも結構静かでした(笑)オーウェンもいまいちでしたね、途中交代させられたし。それにしてもクラウチ、手足長っ^^;198cm、69kgだって、ガリガリだ。頻繁に水分補給しててかなり暑かったようです。
そういえばウィリアム王子も観戦してましたね。

アルゼンチン-コートジボワール 2-1 (C組)

495742826

クレスポ、サヴィオラの2トップが一点ずつ決めました!やっぱ取るべき人がゴール決めてくれると嬉しいよね。後半はコートジボワールの攻撃にヒヤヒヤさせられたよ。あと3点目入ったかと思ったらオフサイドだったのは惜しかったですね~。あ、前半にもゴールを完全には割ってないという惜しいのもあったな。
アイマールが後半ロスタイムあと一分てところで交代で入りましたが、単なる時間稼ぎだったのでがっくり。プレイを見たいのに。

『BLOOD+』#35

「希望のない明日」

カイがディーヴァを見てリクの顔を奪ったと言ってましたね。子供ってわけじゃなかったようです!う~ん、リクのDNAとかを吸収して自分の身体自体を変化させた、とかですか?
アンシェルが他人に化けられるのとは別なのかな・・・。

おお、デヴィッド復活ですね~。
意志が強くカッコいいタイプの男が何かの理由でやさぐれてしまうところが萌えポイントだったんですが、そこからまた復活するのもまた良いんだよね。

ジェイムズがアンシェルの命でコープスコーズにシフを倒させようとする。彼らはモーゼスと同じ顔してたんですね。「完成形のシフ」だったのか。

アンシェルは小夜の処分をジェイムズに任せる。ソロモンはどうでますかね~。
おお~、カールが怒ってる、怒ってる(笑)半分翼手化しかけてるよ^^;こりゃカールのこれからの動向も気にかかりますね。
ネイサンがジェイムズの秘密?大好きなママ、ママの写真を持ち歩いてる、ってことを言ってますが何か伏線ですかね。
ディーヴァは何か言動がこれまでよりもっと変になってるようです^^;デビューしてどうするつもりなんでしょう。

ルルゥが小夜に共に戦ってくれないかと頼むが、小夜は断る。仲間は要らない、誰かのために悔やんだり悲しんだりしたくない、と言う小夜。結局自分が傷つきたくないからなの?
シフvsコープスコーズ。押され気味のシフを小夜とハジが助けに現れる!
やはり小夜はルルゥの言うとおり、本質では変わってないようです。

デヴィッドは岡村と真央に連絡をつけ、ディーヴァのスポンサーの背後関係を探るように頼む。彼らも情報部員として赤い盾に入れたらどうですかね(笑)人員少ないし。

次回予告がネイサンだー!
「ジェイムズ~、あなたもそう思うでしょ」しな作ってるのが目に見えるようで最高。あはは。

2006.06.10

ドイツ勝利!!!

やったーー!!勝ったーー!!!

ドイツ-コスタリカ 4-2

84523271

でも辛勝でしょうか、これは・・・^^;
ドイツの得点4点ともすごかったですよ~!夜中によっしゃーー!と小さく声をあげガッツポーズをくりだす私だった。家族もいるもんで気は遣ってます、一応。ラーム、クローゼ、フリンクス!シュバインシュタイガーにシュナイダーも良かったよ!

それにしてもディフェンスが~・・・(泣)こりゃ強豪国に当たった場合抜かれっぱなしになるんじゃなかろうか。不安だ・・・。

次はポーランド戦、日本時間15日午前4時キックオフ。ここで一次リーグ突破決めたいですね。

今日は午後10時よりB組イングランド-パラグアイで盛り上がりましょう!もちろん私はイングランドを応援します。オーウェンの調子はどうなんでしょ。

『彩雲国物語』第10話

「待てば海路の日和あり」

やっと草案を完成させた劉輝。秀麗に会いにいけるのは夜だから‘夜這い’だって!?やっぱり意味よくわかってませんでしたね^^;それは単にお宅訪問だって(笑)

秀麗の雷嫌いは母親の死と関係していたのですね。秀麗が昔は病弱だったというのもちょっと驚きました。元気だった母が死ぬと自分が丈夫になったといい、自分が母の命を吸い取ったと思っている秀麗。燕青がそんな風に考えるなと力づけてくれました。なかなか度量も大きいですね、燕青は。
と思ってたら、燕青の正体も明かされました。臨時とはいえ、茶州州牧で政も見事にこなしていたと。そうだったんだぁ。あとで髭そってましたね!若くなりました。その姿を見て秀麗とか「誰?」と言ってましたが、あれは誰が見ても燕青だとわかるでしょう^^;

戸部に賊が入ってきました。やっぱ王宮は警備が穴だらけらしい^^;
燕青の正体を見破ってた黄尚書が匿ってくれるというので秀麗も一緒に黄尚書宅に。でもその日は劉輝が夜這い(笑)に来る日だった。ほんとに間が悪いですね、主上^^
秀麗宅には楸瑛と絳攸もなぜか一緒に。何でお前らまでいるとの劉輝の言葉に「面白そうだからに決まってるだろ」と思う絳攸。このときの絳攸のアップがすごく好みの絵だった~。全体的に今回の作画は好みでした♪

皆で黄尚書宅へ。そこで燕青を追ってきた賊を皆で退治することに。
静蘭と劉輝の会話が笑いを誘います^^
「君、何しにここに来たんです」
「はぁ、お手伝いです」
今回は劉輝の可愛い天然ぶりがいろいろ見られてよかったです~。

劉輝からの桜の枝、苗をもらって今までで一番嬉しいと涙する秀麗に、またまた皆の見てる前でちゅ~する劉輝!その後の二人のやり取りはまさしく痴話げんかでございます(笑)

国試に受かっても厳しい道が待ち受けているがそれでも受ける気があるかと問う絳攸に、きっぱりと「やらせてください。官吏になりたいんです」と応える秀麗。揺るぎない決意を示す秀麗は見ていてすがすがしいほどですね。

霄太師が大事に抱えていた壷から煙が出てそれが若かりし頃の茶鴛洵に~!「お帰り、わが友」だって。鴛洵は事態を把握してしゃべってるようだし、一体何をどうやったんでしょうか、霄太師は。

2006.06.09

いよいよ開幕!

いよいよ今日始まりますねっ!W杯!
といっても日本では明日だけど。
開幕戦ドイツvsコスタリカが18時(日本時間AM1時)キックオフ。

希望としてはドイツが2-0で勝ってほしい。とりあえず勝ち点3を取って欲しいですね~。ゴールした選手の名前、連呼したいよ~。でもスタジアム内のアナウンスはW杯ではどうなるんだろう。

ところで試合の放送はNHK・BSかスカパーで見る予定ですが、番組表にステレオの表記がされてます。つまり二ヶ国語じゃないの?え~、そんな~!日本語実況・解説がつまんないときは副音声・英語とかスペイン語でいつも聞いてたのに^^;意味わかんなくてもスペイン語の放送なんてめちゃ面白かったのにな(笑)民放はバカ騒ぎするだけなので最初から見る気なし!我慢して聞くしかないか・・・。

2006.06.04

『BLOOD+』#34

「俺たちのいる世界」

小夜、飯食ってないからそんなに不機嫌なのか(笑)

小夜は前髪が伸び大人っぽくワイルドな感じになってますね。剣技も冴えてる。でもやっぱりミニスカート好きらしい(笑)
性格的には誰も寄せ付けない雰囲気で頑なな態度になってます。カイたちと一緒に戦うつもりはないらしい。

一体この一年に何があったんでしょう!

そして前回の予告でめちゃ気になってた小夜の服に伸びるハジの手~~!
うわ~、やっぱ小夜の服のジッパー上げてたんだね、ハジっ!!
小夜の身の回りのことは何から何まで私がやります、ってことでしょうか(≧∇≦)

デヴィッドとハジという珍しい組み合わせの人生談義が拝めましたね^^ デヴィッドのよれよれだけどしんみりした横顔が何かすてきでした。ハジのカウンセリングは効いたのかな。翼手に襲われ銃を手にしたデヴィッド。また戦う気力を取り戻してくれたのか。
翼手の涎ダラダラがキモチワル~^^;

ディーヴァが音楽界にデビュー!
髪を切って男の子みたいな格好してますね。一瞬リクかと思いましたよ^^;

今回は期待してたのにあまり面白くありませんでした、はぁ・・・。

2006.06.03

あと一週間!

W杯開幕まであと一週間ですよっ!!

どうしよう。ってどうもしないけど(笑)
ドキドキワクワクしてきた♪
番組表で放送日時をチェックして、DVDに入れるかビデオに入れるか決めて・・・。
あ~、まだやること多いわ。
DVDは買ったけど、ビデオテープはまだだった。これも買っとかなきゃな。

『彩雲国物語』第9話

「千里の道も一歩から」

土日も休みナシで9日間ぶっ続けで仕事してます。久しぶりなので疲れる・・・。
そんなわけで、簡易感想になってます^^;

「おじさん」と呼んでくれと言い、呼ばれて嬉しそうににへらっとなる変なおじさん登場(笑)
なんと秀麗の実の叔父さんだったのか。紅黎深が実の叔父と名乗れない訳とは何なのかな。絳攸の養い親でもあるのね。
そして黄尚書の親しい友人のようですね~。かれの胡散臭い仮面も黎深さん作(笑)

黄尚書は口が悪そうですね。「頭腐ってるのか貴様、と伝えてこい」というのがツボでした^^ でも声がちょっとおっさん臭くないですか^^; 秀麗を嫁に発言にはびっくり。本気かどうかはわからないけど、雷がなって秀麗に抱きつかれちゃったしね~。

秀麗の「夏が・・・」というのは、雷が怖くて憂鬱だったのですか。かわいらしいですね。もっとすごい秘密があるのかと思ってた(笑)

またまた絳攸の方向音痴が!毎回のお決まりになりつつあるようで(^^ゞ
「俺が迷うはずが・・・」
往生際悪いなぁ^^;認めちゃえよ(笑)

燕青は夜中に賊退治に出かけてたんですか。てっきり燕青が賊なのかと思ってましたよ^^;

2006.06.02

機動隊員の大あくび

バスの中から見てしまいました^^;

暴力団の抗争を警戒中の警察。組事務所付近に機動隊員がずっと立ってます。あんなとこにずっと立ちっぱなしじゃあくびも出るよね。日陰も屋根も無いところでこれから大変そうです。昼間から襲撃があるとは思わないけど24時間立ってるんだろうなぁ。もちろん交代はするんでしょうが。

でも組関係の施設付近の住民は怖いでしょうね。側を通るだけ警察の警戒を見るだけでも、物々しくてなんだか落ち着かないですから。抗争事件が激化しないといいのですが。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon