お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いよいよ開幕! | トップページ | ドイツ勝利!!! »

2006.06.10

『彩雲国物語』第10話

「待てば海路の日和あり」

やっと草案を完成させた劉輝。秀麗に会いにいけるのは夜だから‘夜這い’だって!?やっぱり意味よくわかってませんでしたね^^;それは単にお宅訪問だって(笑)

秀麗の雷嫌いは母親の死と関係していたのですね。秀麗が昔は病弱だったというのもちょっと驚きました。元気だった母が死ぬと自分が丈夫になったといい、自分が母の命を吸い取ったと思っている秀麗。燕青がそんな風に考えるなと力づけてくれました。なかなか度量も大きいですね、燕青は。
と思ってたら、燕青の正体も明かされました。臨時とはいえ、茶州州牧で政も見事にこなしていたと。そうだったんだぁ。あとで髭そってましたね!若くなりました。その姿を見て秀麗とか「誰?」と言ってましたが、あれは誰が見ても燕青だとわかるでしょう^^;

戸部に賊が入ってきました。やっぱ王宮は警備が穴だらけらしい^^;
燕青の正体を見破ってた黄尚書が匿ってくれるというので秀麗も一緒に黄尚書宅に。でもその日は劉輝が夜這い(笑)に来る日だった。ほんとに間が悪いですね、主上^^
秀麗宅には楸瑛と絳攸もなぜか一緒に。何でお前らまでいるとの劉輝の言葉に「面白そうだからに決まってるだろ」と思う絳攸。このときの絳攸のアップがすごく好みの絵だった~。全体的に今回の作画は好みでした♪

皆で黄尚書宅へ。そこで燕青を追ってきた賊を皆で退治することに。
静蘭と劉輝の会話が笑いを誘います^^
「君、何しにここに来たんです」
「はぁ、お手伝いです」
今回は劉輝の可愛い天然ぶりがいろいろ見られてよかったです~。

劉輝からの桜の枝、苗をもらって今までで一番嬉しいと涙する秀麗に、またまた皆の見てる前でちゅ~する劉輝!その後の二人のやり取りはまさしく痴話げんかでございます(笑)

国試に受かっても厳しい道が待ち受けているがそれでも受ける気があるかと問う絳攸に、きっぱりと「やらせてください。官吏になりたいんです」と応える秀麗。揺るぎない決意を示す秀麗は見ていてすがすがしいほどですね。

霄太師が大事に抱えていた壷から煙が出てそれが若かりし頃の茶鴛洵に~!「お帰り、わが友」だって。鴛洵は事態を把握してしゃべってるようだし、一体何をどうやったんでしょうか、霄太師は。

« いよいよ開幕! | トップページ | ドイツ勝利!!! »

コメント

深月さん、こんにちは^^
こちらこそいつもありがとうございます。

>頭をなでまわしたい衝動が(笑)
ヘタレな可愛さ満載でしたね♪弟気質だから可愛がられるタイプ?(笑)

絳攸の方向音痴は今回無かったけど、アップのいい絵があったんで良し、ってことで満足でした。

いつもTBありがとうございます。
こちらからもさせていただきますね。

今回はヘタレていく主上がかわいくてしかたなかったです。
髪の毛がぐちゃぐちゃになるくらい
頭をなでまわしたい衝動が(笑)

そして霄太師。ほんといったいどんな手口を使ったんだか気になりますよね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101919/10465086

この記事へのトラックバック一覧です: 『彩雲国物語』第10話:

» 彩雲国物語 #10 [日々の記録 on fc2]
燕青の正体が明らかになり、劉輝がお茶目ぶりを発揮して(笑)、そして秀麗の長年の夢への道が開かれたお話でした。なぜ秀麗が雷を恐れるのかと思ったら、お母さんの死と関わりがあった...... [続きを読む]

» 彩雲国物語10話「待てば海路の日よりあり」 [◆◇◆黒衣の貴婦人の徒然日記◆◇◆]
母の命日を明日に控え、お墓参りをする秀麗。今日は何故秀麗が雷と夏を嫌うのかが判明しました。病弱だった秀麗を元気付けていつも笑わせてくれたという、いかにも秀麗の母だなと思わせる人物。彼女の死と引き換えに元気になった秀麗。自分のせいで母さまが死んだと思って...... [続きを読む]

» 彩雲国物語 第10話 [孤狼Nachtwanderung]
         第10話「待てば海路の日和あり」 国試女人制度の法案を作り上げた劉輝は自分への褒美として秀麗に会いに行く事に・・・。 「昼は政務があるから行くとしたら夜か・・・。これが世に言う夜這いというものだな」 激しく間違ってますっ!!! 「そう... [続きを読む]

» 彩雲国物語#10「待てば海路の日和あり」感想 [おぼろ二次元日記]
え、え、え???もう、2巻終わっちゃったんですか???で、茶州の義賊兄弟のことは???宝物庫の鍵が盗まれて黄尚書の仮面派外しに気功技は???義賊の陽春が倒れて、それで黄尚書の屋敷を使わせてもらうことになったのでは???国試に関する黄尚書と絳攸、黎深の話...... [続きを読む]

» 彩雲国物語─待てば海路の日和あり─ [腐ったリンゴは腐るまで]
【第10話 待てば海路の日和あり】 今はうまくいかない物事もじっと待っていれば、そのうちにチャンスがきっと巡ってくるはずだ。 だから、あせらず気長に待てということ。(新ことわざ辞典/大創出版)   チャンネルNHKのままにしていたら、『純情きらり』が始まった。... [続きを読む]

» 彩雲国物語 第10話 [アニメっ娘]
第10話 待てば海路の日和あり 劉輝が懸命に取り組んでいた、「国試女人受験制」の草案作りは、ようやく完成した。草案を仕上げるまではと、秀麗に会うのを我慢していた劉輝は、これで秀麗に会えると喜ぶ。世間知らずの劉輝は、わざわざ、「夜這い御免状」をしたため...... [続きを読む]

» 彩雲国物語 10「待てば海路の日和あり」 [はざまの欠片]
きっとどっかの偉い人なんだろうとは思ってましたが、燕青の正体が明らかになりました。と言っても、難しい用語ばっかりでちんぷんかんぷんでしたが…。 ようは特例として重要な任に就いたけど、周りは認めてないから強くは言えない立場だった…と考えていいんでしょうか。....... [続きを読む]

» 彩雲国物語 第10話 [Die Musik der Nacht]
ええ、もう2巻終わり!? と、びっくりしてしまいました(^^;) ラスト辺りで登場した若かりし鴛洵の麗しさにもびっくりでしたが(笑) 相変わらず、静蘭と劉輝と秀麗は魅力的なんですけど。何なんだろうこの軽さは。いや原作もノリは軽いけど、軽い中でも重い部分はしっかり重い、っていうのもまた魅力だと思うんだけどなあこの話。 原作と変えて、また違った魅力を出してくれるなら、原作通りにしないのも大�... [続きを読む]

» SAMURAI7と彩雲国物語 [Anochecerblog]
ついにワールドカップが始まって、私も臨戦態勢な土曜日ですが、それでもアニメは見ています(笑)昨夜はワールドカップ開会式と開幕戦の合間に「SAMURAI7」を見てました。「真っ二つ!」と次の「集う!」は大好きな話で、真っ先でDVDを買った巻だったりして(しかも初回...... [続きを読む]

» 第10話「待てば海路の日和あり」 [read and write]
 な、なんだかよくわからないうちに燕青が去ってしまった……(汗)。えと、つまり、燕青は国試も準試も受かっていないけど臨時で地方を治める立場にいて、でもその後見を務めてくれていた人物が亡くなったので、今度はちゃんと国試を突破した者を統治... [続きを読む]

» 彩雲国物語「待てば海路の日和あり」 [朔夜の桜]
天気が悪いせいかBSのうつりが悪い! あぁ美形な顔に横線がたくさん(ToT) そんなこんなで冒頭からいきなり 夜這いご免状!! あぁおバカさんでかわいいなぁ。王様なのに(笑) さりげなくしっかり慰める燕青。 自分も色々大変で乗り越えたからこそ できる本当の優しさですよね。 私も見習わねば。 絳攸〜と語尾にハ―トマ―クがつきそうな呼び方 をするごきげん主上。 私も楸瑛と一緒に頭ぐりぐ... [続きを読む]

» 彩雲国物語「待てば海路の日和… [徒然なるままに日くらしパソコンor携帯に向かいて・・・・]
クソジジイが 「お帰り、我が友」 と言って次回に続く。 [続きを読む]

» 彩雲国物語 第10話 [海星家(みほしや)]
劉輝夜這い企んでるよ!秀麗は燕青とお母さんのお墓参り。自分の代わりにお母さんは死 [続きを読む]

« いよいよ開幕! | トップページ | ドイツ勝利!!! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon