お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 病気腎移植 | トップページ | 今月の目玉 »

2006.11.12

天保異聞 妖奇士 第6話

説六 「竜気奔る」

雲七は異界の力で造られたものだった!?
往壓の手から「雲」という漢神が雲七に入っていって今の雲七になったわけか。往壓の死んでほしくないという気持ちからだろうけど、その後すぐに当たり前のようにその雲七を受け入れたというのはやっぱり逃げですよね。そこまで異界から逃げたかったのか・・・。

鳥居が遠山の金さんのマネ~~!大笑いだ!
若本さんの台詞がたくさん聞けて楽しい^^
雪輪を裁いてたら、円盤になって飛んでいった。やはり妖夷だったのか?

アイキャッチのゆきがえらく可愛い~~♪

この妖夷を倒せば肉が半年は持つだって(^^ゞ 彼らには妖夷はいつも肉に見えてるんだろうか(笑)
宰蔵の舞はなんかフィギュアみたいでしたね^^

アトルはアステカの人だったのか。メシイカというとわからなかったけど、今のメヒコ(メキシコ)ですね。
アトルが神に祈ったときに異界から出てきたのが雪輪(ケツアル)だった。
アトルはケツアルがおかしくなったのは雲七の、この町のせいだと言い、ケツアルは異界へ帰る出口を探してるのだと言う。だが、アトルの気持ちはケツアルと離れたくないというものだった。アトルはケツアルを鎮めるために生贄になると言うが・・・。
往壓はそうさせないためにもう一度戦うと言う。
「身分や貧困や偏見も人が作ったものだ。なら、それも人を殺せばなくなるのか」
この台詞はちょっと心に残りました。

次回、雲七がどうなるかが心配。

« 病気腎移植 | トップページ | 今月の目玉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101919/12655354

この記事へのトラックバック一覧です: 天保異聞 妖奇士 第6話:

» 天保異聞 妖奇士 説六「竜気奔る」 [瞳にアル世界]
回るぅ回るぅ、宰蔵が回るぅw [続きを読む]

» 妖奇士・第6話 [たこの感想文]
「竜気奔る」 「お前は誰だ?」。雲七に問う往壓。そんな往壓の行ったことをアトルは [続きを読む]

» 天保異聞妖奇士 説六~見所はアイキャッチ☆~ [ズッコケギャンブラーのドサ回り奮闘記]
アイキャッチにデフォルメ☆ユキアツ登場!めっさ可愛い~です(*^_^*)他キャラバージョンも今後出るんでしょうか?楽しみ(^o^)スタッフの遊び心キラリと光ってます! さて、本編は・・鳥居サン、馬相手に裁きを申しわたす!? ちょっ何この光景!?何気に遠山の金さんしちゃ..... [続きを読む]

» 天保異聞 妖奇士 説六 [Sweet Vanilla -deuxieme-]
仕事から帰った後の疲れた状態でこのアニメを見ると、どうにも理解力が薄れてくる。 なんかいろいろこんがらがってきたんだけど・・・。 雲七のこととアトルのことで。 雲七はユキの漢神の力で存在してる。 雪輪は、アトルが呼び出した神様。 ってことくらいしかわか....... [続きを読む]

» 天保異聞 妖奇士 説六「竜気奔る」 [はざまの欠片]
雲七の謎はまだ全部語られぬまま。っていうか、雲七自身もハッキリわかってない様子。 往壓の回想では、倒れた雲七に「雲」の漢神が鼻にひゅる〜っと。このシーンちょっとおかしかったです。こういうユーモアを忘れないのが雲七なのかも(笑)。 人のいい笑顔が印象的で、....... [続きを読む]

» 天保異聞 妖奇士 第六話「竜気奔る」 [SERA@らくblog]
説六 「竜気奔る」  ここじゃないどこかを求める心…、俺には裁けない――。  生きる地を求めたアトル。 異界の記憶から常の世では生きれなかった往壓。 求めたのは、ここではないどこか… 雲七の正... [続きを読む]

» 天保異聞 妖奇士 第6話「竜気奔る」 [のほほんホビー]
何だか子難しくなってきたよ、妖奇士。 でも、馬の雪輪が実は異国の神だったって事だけは、よく分かりました。 雪輪を前に、遠山の金さんですか、鳥居さん!! いきなり何言い出すのかと、ビックリしてしまいました... [続きを読む]

» 天保異聞 妖奇士 #6 [マニアックにあこがれて]
『竜気奔る』 [続きを読む]

» 天保異聞 妖奇士 第6話 [オヤジもハマる☆現代アニメ]
サブタイトル「竜気奔(はし)る」   雲七や雪輪が生まれた経緯が、早くも明らかに!? [続きを読む]

» アニメ「天保異聞 妖奇士」第6話 感想。 [夢の日々。]
第6話「竜気奔る」 アトルの過去の記憶。故郷に何やら銃を持った人々が押しかけ、人々は撃ち殺されそして、アトルの目の前でおばあさままでもが亡き者にされてしまう。 追い詰められるアトル。その時、後ろの絵が何やら光りだして、銃を持っていた人々は驚愕に打ち震える。 雲七に何者かと問う往壓。しかし、雲七自身も自分が何者であるかよく分かっていない様子。 往壓は15年前の記憶を徐々に取り戻していくようです。刺されて倒れた雲七――もといしちじ。その時、境内の扉が開き、何やら赤き光の数々が浮かぶ。そし... [続きを読む]

» 「天保異聞 妖奇士」 説六「竜気奔る」 [時代伝奇夢中道 主水血笑録]
 「天保異聞 妖奇士」第六話は、前回の重い展開を受けてどうなるかと思えば――やは [続きを読む]

» 「天保異聞妖奇士」第6話 [日々“是”精進!]
説六「竜気奔る」他の者には見えないという雲七。彼はいったい何者なのか。往壓は十五年前に犯した罪の記憶を取り戻していく。その頃、アトルの馬、雪輪は鳥居耀蔵の手によって捕らえられていた。鳥居は雪輪を異国の神であると言い、その妖夷を操る能力を見定めようとして...... [続きを読む]

» 『天保異聞 妖奇士』#6 [ジャスタウェイの日記]
= *説六「竜気奔る」 = 往壓に刺された後のことを覚えていないという雲七。 どうやら、ゆきさんが雲七に「雲」という字をあげたようですが、 どこから「雲」の字をひっぱって来たんでしょう? お空の雲ですかね〜? 漢神の力で意思や姿を保ってるんですかね〜。うーむ… 雲八が妖夷なら自分で倒すというゆきさんに、 {{{ 「そいつを殺してお前も死ね。それがお前の罰だ」 「それでも俺は生きる」 }}} 意外と、生きるという意志は強いゆきさん。 ==..... [続きを読む]

» 天保異聞 妖奇士 説六 [朔夜の桜]
「竜気奔る」 あれ江戸じゃなかったっけ?と思ったら過去話でした。 OPを若干いじってきましたね。頑張らないと色々(笑) 雲七さんずいぶんとあっさりわからないって。。 漢字の雲で新たな命を与えたという事? なんでもありですね(禁句) 思いっきり典型的時代劇でウケる。 しかも馬に罪状言い渡すんですか。 ぐるぐる回転して飛んでいきましたけど、皆さん驚かないの? ついにテロップが入りまし... [続きを読む]

» 天保異聞 妖奇士 第06話 説六 「竜気奔る」 [アニメって本当に面白いですね。]
天保異聞 妖奇士   現時点での評価:3.0   [アヤカシ]   TBS / MBS 土 / 18:00   原作 : 會川昇・BONES   監督 : 錦織博   キャラデザ : 川元利浩   アニメ制作 : BONES   http://www.ayakashiayashi.com/  時は天保14年(1843年)、黒船....... [続きを読む]

» 天保異聞妖奇士6話「竜気奔る」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
アバンを見てて、一瞬「番組見間違えたか?」とか思っちゃいましたよ(わはは)先週の後味悪い終わりから引きずってなくてよかったといえばそうなんですけどね。アトルの過去話だったんですね。イマイチ意味がよく分からない映像でしたけど(苦苦苦)あ、そうそう。...... [続きを読む]

» (アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第6話 「竜気奔る」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
Winding Road/ポルノグラフィティ 往壓の中に秘められた15年前の記憶が蘇ろうとしていました。他の者には見えないと言う雲七は、一体何者なのか?往壓が自らの罪と対峙したその時、明かされる真実。それは・・・。... [続きを読む]

» 天保異聞 妖奇士 #6 「竜気奔る」 [マンガに恋する女の ゆるゆるライフ]
亡くなった雲七の鼻の穴・・・ 鼻うどん に見えたのは私だけ!? なぜ鼻からなんだろうか(笑)  ↓  ↓ [続きを読む]

» 天保異聞 妖奇士 説六 「竜気奔る」 感想 [日々の徒然言]
ケツアルコアトルが UFOにしか見えないんですが… 蛇だから、とぐろを巻いている状態なんですかね? [続きを読む]

« 病気腎移植 | トップページ | 今月の目玉 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon