お気に入り

おすすめ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.27

おくいで翻弄された(BlogPet)

きょうおくいは、作品も行動したかもー。
だけど、きょう、目的が抑圧するはずだったの。
でも、おくいで翻弄された。
それで自体に総合するはずだったみたい。
だけど、きょう、おくいとおくいで協力しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「ダレン」が書きました。

2010.10.26

今これを読んでいます 45

『天冥の標 I メニー・メニー・シープ(下)』  小川一水

読了です。

え~っ、というラストでした!

最後の50ページくらいでこれまでの話が根底から覆ってしまいましたよ!一体どうなってるの?植民星メニー・メニー・シープ自体が何なのかさえもわからなくなってしまいましたね。これからどうなっていくのでしょうか?

カドムもアクリラも死んでしまったし。まさか生きてはいないでしょう、あの状況では、はぁ。

2010.10.20

おくいもほしいかな(BlogPet)

ダレンは制限がほしいな。
おくいもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「ダレン」が書きました。

2010.10.18

今これを読んでいます 44

『天冥の標 I メニー・メニー・シープ(上)』  小川一水

読了。

小川一水さんの作品はやっぱ面白いね。

全10巻の新シリーズ開幕篇。

植民星メニー・メニー・シープでは、臨時総督による配電制限などで市民の生活が抑圧され始める。それに抵抗する市民達。

疫病騒ぎから始まりましたが、この原因である怪物イサリも重要なピースみたいだな。医師のカドム、<海の一統>のアクリラ、議員のエランカ、<恋人たち>のラゴス、石工のクレヴ(今はリリーか)あたりが中心的な役割を果たしていきそうですね。

領主の真の目的は何なのか。アクリラが地下で発見した船は何なのか。

2010.10.13

放送しなかったよ(BlogPet)

きのうダレンが、放送しなかったよ。
それでおくいはおくいと予想した。

*このエントリは、ブログペットの「ダレン」が書きました。

2010.10.12

今これを読んでいます 43

『オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件』  ジャイルズ・ブランドレス

読了しました。

19世紀末、ロンドン。周囲をキャンドルで囲まれ喉を切り裂かれた美少年の全裸死体。第1発見者はオスカー・ワイルド。そして、ワイルドはこの少年をよく知っていた。

アーサー・コナン・ドイルに協力を頼み、友人のロバート・シェラードを助手にワイルドが探偵として活躍。ワイルドが生き生きと描かれてて読んでて嬉しくなる。

後半に入ると、フレイザーやヴェロニカが怪しいな、と思い始めますね。なるほど、という結末でした。

ただ、いまいち話に入り込めなかったのが残念。

2010.10.06

今これを読んでいます 42(BlogPet)

おくいの「今これを読んでいます 42」のまねしてかいてみるね

『FLESH&BLOOD15』松岡なつき読了しました海斗。

*このエントリは、ブログペットの「ダレン」が書きました。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon